市場ニュース

2017年11月17日 17時35分
【市況】 来週の株式相場見通し=波乱展開を経て下値固めへ、米税制改革法案の行方注視

 来週(20~24日)の東京株式市場は、23日の勤労感謝の日を挟んで4日間の取引となる。1日のなかでも、短時間で売り買いの流れが目まぐるしく変化する、ボラティリティーの大きい展開となりそうだ、日経平均株価の想定レンジは2万2000~2万2800円とする。

 市場関係者からは「このところの東京株式市場の値動きの激しさに着目した、海外からとみられるCTA(商品投資顧問業者)や、ヘッジファンドの株価指数先物市場への売買が増加して、現物株市場を揺さぶるかたちとなっている。ただ、日経平均株価は今週の下落場面で、下値抵抗ラインとして注目された2万2000円台、25日移動平均線を終値で割り込まずに反発に転じた。これにより、市場参加者の投資マインドが後退せずに保たれたことで、中期上昇相場への信頼感は増しており、下値固めの動きも顕在化しそうだ」との見方が出ていた。

 注目材料としては、米下院で可決した米税制改革法案だが、今後の上院での審議は予断を許さない情勢にある。もし、法案の成立が不可能となれば、米企業業績の先行きに対する不透明感から米国株が売られる可能性もあり、日本株にも少なからずマイナス影響を与えそうだ。

 日程面では、10月の貿易統計(20日)、9月の全産業活動指数、10月の全国百貨店売上高(21日)、「勤労感謝の日」の祝日で休場(23日)に注目。海外では、米10月のCB景気先行総合指数(20日)、米10月のシカゴ連銀全米活動指数、米10月の中古住宅販売件数(21日)、米10月の耐久財受注、10月31日・11月1日開催のFOMC議事録(22日)、「米感謝祭」の祝日で休場(23日)、独11月のIfo景況感指数、米ブラックフライデー(24日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】上昇トレンド復帰はいつ? 下値と日柄に集まった注目 (11/18)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「調整一巡感でも、下値ポイント忘れずに」 (11/18)
  3. 中村潤一の相場スクランブル 「買いの好機到来!“全固体電池”関連株浮上へ」 (11/15)
  4. 10万円以下で買える、大幅増益・低PER「お宝候補」21社 【東証1部】編 <割安株特集> (11/17)
  5. 今週の【早わかり株式市況】 10週ぶり反落、円高で利益確定売り膨らむ (11/18)