市場ニュース

2017年11月22日 18時35分
【経済】 米国の祝日前で金融市場は動意薄の状態が続くか


 海外市場では良好な内容の米住宅関連指標や堅調な米株式相場がドル相場の下支え要因となり、112円台半ばで推移している。ただし、米税制改革の年内実現の先行き不透明感が消えていないことや、米朝間の緊迫化の高まりを背景に、積極的にドルを買う動きは控えられるとみられる。

 米財務省は21日、北朝鮮との取引に関わった中国企業含む14団体・個人を新たに米独自の制裁対象に加えたと発表。このため、北朝鮮をめぐる地政学的リスクへの懸念が広がっており、リスク回避目的の円買いも入りやすい地合いとなっている。

 イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が参加するパネル討論会や米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表を控えて、市場参加者の間では模様眺めムードが広がっている。本日の東京市場は有力な手掛かり材料が不足していること、明日23日は日米の祝日となることから、全体的に方向感に欠ける動きとなりそうだ。
《MK》

 提供:フィスコ

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 明後日の株式相場見通し=買い手控えで軟調推移、連休谷間で参加者限定的 (11/22)
  2. 冬のイナズマ! 中小型株シフトで狙う特選「電撃上昇候補」10銘柄 <株探トップ特集> (11/21)
  3. 「全個体電池」関連への注目度高まる、TDKが来春にも量産開始と報じられる<注目テーマ> (11/22)
  4. 「人工知能」にマーケットの熱視線、量子コンピューターで可能性広がる<注目テーマ> (11/21)
  5. 「量子コンピューター」関連株が人気化、国立情報学研究所が無償公開<注目テーマ> (11/20)