市場ニュース

2017年11月24日 9時07分
【材料】 ダイフクが大幅反落、公募増資と売り出しを実施

 22日、ダイフク <6383> が248万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限52万株の第三者割当増資を実施するほか、自己株処分による100万株の株式売り出しを発表したことが売り材料視された。

 新株発行が最大で発行済み株式数の2.43%となり、株式価値の希薄化や株式の需給悪化を懸念する売りが向かった。発行価格は12月5日から11日までのいずれかの日に決定。最大で約223億円の調達資金については、設備投資資金や借入金返済などに充てる。

株探ニュース

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知

関連記事・情報

  1. 「人工知能」にマーケットの熱視線、量子コンピューターで可能性広がる<注目テーマ> (11/21)
  2. 好調持続の小型株、7-9月期【売上成長株】ベスト30 <成長株特集> (11/23)
  3. 「量子コンピューター」関連が人気化、国立情報学研究所が無償公開<注目テーマ> (11/20)
  4. 「全個体電池」への注目度高まる、TDKが来春にも量産開始と報道<注目テーマ> (11/22)
  5. 冬のイナズマ! 中小型株シフトで狙う特選「電撃上昇候補」10銘柄 (11/21)