市場ニュース

2017年11月24日 9時06分
【材料】 トヨタなど自動車株が売られる、1ドル=111円20~30銭の円高で利食い誘発

 トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など自動車株に利益確定の売り圧力が顕在化している。前日の米国株市場は休場だったが、欧州株式市場が高安まちまちで、中国上海株市場が大きく下げたことで海外投資家のリスク許容度はやや低下している。そのなか、外国為替市場では1ドル=111円20~30銭近辺でもみ合う円高傾向にあり、為替感応度の高い自動車セクターは輸出採算改善に対する期待が後退している。トヨタは直近まで3日続伸、ホンダは5日続伸と上昇を続けていたこともあって、きょうは国内外の機関投資家もいったんキャッシュポジションを高める動きを余儀なくされている状況だ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. NYダウ最高値で東京市場も再始動期待、“増額濃厚株”に照準 <株探トップ特集> (11/22)
  2. 冬のイナズマ! 中小型株シフトで狙う特選「電撃上昇候補」10銘柄 (11/21)
  3. 「量子コンピューター」関連が人気化、国立情報学研究所が無償公開<注目テーマ> (11/20)
  4. 「人工知能」にマーケットの熱視線、量子コンピューターで可能性広がる<注目テーマ> (11/21)
  5. 「全個体電池」への注目度高まる、TDKが来春にも量産開始と報道<注目テーマ> (11/22)

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る