ログイン
2017年11月26日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 潮流の変化(トレンド転換)を見失うな!

「潮流の変化(トレンド転換)を見失うな!」

●活発に動いているのはマクロヘッジファンド!

日本の株式市場は基本的に、外国人主導のマーケットである。実に、委託売買代金シェアは現物が7割、先物が8割に達する。その外国人は9月第2週以降、ショート・ポジションを手仕舞う(買い戻す)とともに、“ドテン買い”に転じた。11月第1週(第2週は現物は買い越したものの、先物は1629億円の売り越し)までの買越額は5.5兆円だ。猛烈な買いっぷりじゃないか。

わずか9週間だ。これは2012年11月第3週~2013年5月第2週の買越額11兆円のペースに匹敵する。いずれも「政治」が絡んでいる。しかし、大きく異なる点がある。何が違うのか。前回は現物が82%を占めていた。そう、長期スタンスのロングオンリー(欧米の年金ファンド、SWFなどのオイルマネー)の外国人が買いの主役だったのだ。今回は63%が先物である。

活発に動いているのはインデックスだけを売買するマクロヘッジファンドだろう。したがって、先物に振り回される。11月第2週、第3週が好例だ。日経平均株価TOPIXは乱高下を繰り返すことになる。彼らはオプション、ダブルインバース(ETF)などを絡め、人工知能(AI)、アルゴリズム取引を駆使し、超高速の売買を行う。

●“空中戦”とは無縁の銘柄にマトを絞る!

マーケット関係者は“空中戦”と表現する。値動きは荒い。個人投資家は正直、カヤの外である。しかし、大きな潮流の変化(トレンド転換)を見失ってはいけない。2018年には出遅れたロングオンリーの外国人が出動するだろう。国内勢は個人(1~11月は6.8兆円の売り越し)を含め、リスクを取れないでいるが、ここにきて微妙に変わりつつある。

もちろん、ファンダメンタルズは良好だ。日経平均株価の1株利益は1534円(予想ベース、実績値は1364円)と急増する。PERは14.6倍と出遅れが著しい。これを2015年6月24日並みのPER16.6倍に買うと2万5464円、NY市場の18.2倍に評価すると2万7919円の“目標値”が設定できる。

一方、物色面では“空中戦”とは無縁の銘柄にマトを絞りたい。具体的には全固体電池のオハラ <5218> 、出直り態勢のユナイテッド <2497> [東証M]、スマホ決済のビリングシステム <3623> [東証M]、思惑沸騰のディジタルメディアプロフェッショナル <3652> [東証M]、量子コンピューターのエヌエフ回路設計ブロック <6864> [JQ]などに妙味があろう。

2017年11月21日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】個人投資家が主役の時間、帰ってきた中小型株相場 (11/25)
  2. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (11/26)
  3. 5万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」14社選出【東証1部】編 (11/24)
  4. 海の「自動運転関連株」出港へ、2025年自動運航船時代への航路 <株探トップ特集>
  5. 冬のイナズマ! 中小型株シフトで狙う特選「電撃上昇候補」10銘柄 <株探トップ特集>
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 燃え盛る米年末商戦、一進一退で回復へ向かう日本株 (11/26)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月24日現在)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ マルカキカイ (11/26)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 YKT、児玉化、浜井産 (11月20日~24日)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米年末商戦、OPEC総会、国際ロボット展 (11/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) New! 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
  4. 4
    本日の注目個別銘柄:TATERU、東海カーボ、ヤーマンなど 材料
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ツルハHD、NEC、Jフロント 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.