ログイン
2017年11月27日 19時15分
特集

藤井知明氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(2) <相場観特集>

―2万2000円台の往来どこまで続く、“強気・弱気”どちらで臨む

週明け27日の東京株式市場は、朝方はリスク選好ムードで始まったものの、寄り後は日経平均株価の上値の重さが露呈、前場後半から売り優勢の地合いに変わった。欧米株高に牽引される形で上値追い態勢が続く日本株だが、足もとは買い疲れ感も意識される場面。2017年相場も師走が目前でいよいよ大詰めを迎える。確度の高い市場予測で定評のあるマーケット関係者3人に年末相場を占ってもらった。

●「米株高見込め年末に向け一段の上昇も」

藤井知明氏(あかつき証券 投資調査部長)

東京株式市場は、12月の年末に向け一段の上昇が期待できるとみている。

足もとの日経平均採用銘柄ベースの1株当たり利益(EPS)は1520円前後の水準にある。これをPERで14.5~16倍程度へ買ったとして、当面の日経平均のレンジは2万2000~2万4000円前後を見込む。

日本株上昇のきっかけとなるのは、米国の株高だろう。米税制改革案に対する不透明感が、市場の警戒を呼んでいるが、来年の米中間選挙を視野に入れれば、共和党は税制改革案の成立に向け、結局は折り合う展開が予想される。年内にも米税制改革案の成立に向けた動きも期待でき、米国株高に後押しされる格好で、日本株もレンジの上値を試す展開が見込めるだろう。米国株の上昇とともに外国人買いが再度期待できると思う。

米株式市場はIT関連銘柄が全体相場を牽引してきたが、東京市場で同様の役割を果たすのはソニー <6758> だろう。半導体やゲームが牽引する格好で、業績の大幅な伸びとともに株価も一段の上昇が予想される。また、三菱電機 <6503> も産業メカトロニクスと産業用半導体の成長は評価できる。

デクセリアルズ <4980> はスマホ向け接着剤などが伸びている。また、半導体関連の小型株では、芝浦電子 <6957> [JQ]やフェローテックホールディングス <6890> [JQ]など。さらに、働き方改革関連銘柄として、仮想デスクトップなどを手掛けるアセンテック <3565> [東証M]にも注目している。

(聞き手・岡里英幸)

<プロフィール>(ふじい・ともあき)

あかつき証券投資調査部長。1985年日栄証券(現SBI証券)入社。1988年から企業調査業務を務める。その後、モーニングスター、高木証券・企業調査部長を経て、2017年に現職に就任。

株探ニュース

相場観特集

第一線の市場関係者がズバリ斬る!

関連記事・情報

  1. 大谷正之氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(3) <相場観特集> (11/27)
  2. 大塚竜太氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(1) <相場観特集> (11/27)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 燃え盛る米年末商戦、一進一退で回復へ向かう日本株 (11/26)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 潮流の変化(トレンド転換)を見失うな! (11/26)
  5. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米12月相場、上昇期待の条件」 (11/25)
  6. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (11/26)
  7. 5万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」25社選出【2部・新興】編 <割安株特集> (11/26)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月24日現在)
  9. 「仮想通貨」関連株に関心、ビットコイン価格は初の100万円に上昇<注目テーマ> (11/27)
  10. 海の「自動運転関連株」出港へ、2025年自動運航船時代への航路 <株探トップ特集> (11/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★アステリア、オンキヨー、ポプラなどに注目! 注目
  2. 2
    株価大幅上昇のソフトバンクグループに順張りのコール買いが目立つ(21日10:02時点のeワラント取引動向) 経済
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月22日記) 市況
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月21日発表分) 注目
  5. 5
    上昇気流に乗る「J-REIT」、初の敵対的買収劇にどよめく市場 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.