ログイン
2017年11月28日 13時54分
材料

日本精工が3日ぶり反発、国内有力証券が投資判断を引き上げ

日本精工<6471>が3日ぶりに反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が27日付で、投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」とし、目標株価を1420円から2000円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

同証券では従来、エクイティストーリーを「自動車向け需要の改善待ち」とみていたが、今回、産業機械事業の収益性向上に注目し強気に転換。値上げの寄与や工作機械、半導体製造装置向けを中心とした旺盛な需要により、収益に本格的に貢献すると見込んでいる。また、これを受けて18年3月期の営業利益予想を910億円から930億円へ、19年3月期を同960億円から1090億円へ、20年3月期を同1010億円から1150億円へそれぞれ上方修正しており、19年3月期についてはコンセンサスを上回る予想としているが、今後の業績拡大が株価に十分織り込まれていないと指摘している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 藤井知明氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(2) <相場観特集> (11/27)
  2. 3年ぶり高水準“12月IPO”、マーケット期待の銘柄は <株探トップ特集> (11/27)
  3. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 潮流の変化(トレンド転換)を見失うな! (11/26)
  4. 大塚竜太氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(1) <相場観特集> (11/27)
  5. 「全個体電池」への注目度高まる、TDKが来春にも量産開始と報道 (11/22)
  6. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (11/26)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 燃え盛る米年末商戦、一進一退で回復へ向かう日本株 (11/26)
  8. 大谷正之氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(3) <相場観特集> (11/27)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月24日現在)
  10. 5万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」25社選出【2部・新興】編 (11/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月24日発表分) 注目
  2. 2
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
  4. 4
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月24日現在) 特集
  5. 5
    10万円以下で買える、売上・経常最高&低PER「お宝候補」15社【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.