ログイン
2017年11月28日 19時30分
特集

“円高耐性”株浮上、下期「1ドル=105円」想定企業に照準 <株探トップ特集>

―再びのドル安円高回帰で前提為替レートに注目、一時1ドル=110円台で脚光浴びる銘柄は―

28日の東京外国為替市場では、一時1ドル=110円台後半へと円高・ドル安が進行し、株式市場でも円高が企業業績に与えるマイナス影響に懸念が強まってきた。3月期決算企業で、期初に今期の想定為替レートを1ドル=105円とした輸出関連企業の多くは、中間期(4-9月)の決算発表時に、10月以降の下期想定為替レートを足もとの円相場に即して1ドル=110円程度に修正している。ところが、そうしたなかでも、期初の1ドル=105円を頑強に据え置いた企業もある。当然ながら、業績予想の前提が保守的であり、円高進行に対する抵抗力も強く、もし現状の円相場で推移した場合、通期利益予想が上方修正される可能性が濃厚といえる。下期1ドル=105円想定堅持の銘柄に注目した。

●日立建機、通期の油圧ショベル需要台数を上方修正

日立建機 <6305> は10月25日、18年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高を8100億円から8900億円(前期比18.0%増)へ、営業利益を460億円から570億円(同2.0倍)へ、最終利益を180億円から300億円(同3.7倍)へそれぞれ増額した。中国向けをはじめ建設機械の需要が急拡大し、油圧ショベルなどの販売が大きく伸びたことが寄与している。また、米H-Eパーツ社と豪ブラッドケンの買収効果も収益を押し上げている。今年度の油圧ショベル需要について、第1四半期発表時の18万5000台を9000台増の19万4000台へ上方修正している。

●ミネベアミツミ、自動車向けモーター販売の伸びが寄与

ミネベアミツミ <6479> は8日、18年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。営業利益を670億円から730億円(前期比48.9%増)へ、最終利益を508億円から570億円(同38.5%増)へそれぞれ増額した。スマートフォン向けLEDバックライトや、自動車向けモーターの販売が大きく伸びたことが寄与している。ゲーム機器向け機構部品をはじめ、全製品が好調だったミツミ事業も収益を押し上げている。なお、今期業績の上方修正は8月に続き今回で2度目となった。

●三菱電機、通期業績が再度上方修正となる可能性も

三菱電機 <6503> は10月31日、18年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高を4兆3700億円から4兆3900億円(前期比3.6%増)へ、営業利益を3000億円から3150億円(同16.6%増)へそれぞれ増額した。ただ、今期下期の想定為替レートを、1ドル=105円と従来から変更していないことに加え、FA、自動車向け電装品など産業メカトロニクスや、中国スマホメーカー向け電子部品の継続的な好調が見込まれ、通期業績が再度上方修正となる可能性が高まっている。また、同社は21日、「AIを活用したロボットの力覚制御の高速化技術」を開発したと発表した。この技術は、「Maisart(マイサート)」というAI技術を用い、産業用ロボットのアームを人の腕のように柔らかく動作させる制御方法を適用し、動作時間の大幅短縮を実現するというもの。コネクタ・基板の挿入作業などの高速化を図ることで、電機・電子製品の組み立て工程の生産性向上に貢献する。

●富士電機、パワエレシステムや電子デバイスが好調推移

富士電機 <6504> は10月26日、18年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。売上高8500億円を8700億円(前期比3.8%増)へ、営業利益480億円を520億円(同16.3%増)にそれぞれ引き上げた。生産設備の自動化需要などを背景に、インバーターやモーターなどのパワエレシステム・インダストリーソリューション部門が一段と伸びると予想しているほか、産業向け半導体需要の増加から、パワー半導体などを中心に電子デバイス部門も従来計画を上回ると想定している。

●スクリーン、半導体機器事業の売り上げが増加基調

SCREENホールディングス <7735> が10月31日、18年3月期通期の連結業績予想について、売上高を3170億円から3370億円(前期比12.2%増)へ、営業利益を370億円から410億円(同21.5%増)へそれぞれ増額し、あわせて従来87円を予定していた期末一括配当を100円に引き上げ、前期比13円の増配と発表した。半導体機器事業で、ロジックメーカー向けが増加するとともに、ファウンドリーやメモリーメーカー向けの売り上げが堅調に推移しているほか、足もとの受注状況から売上高・利益が想定を上回る見込みとなったという。

◆下期も1ドル=105円想定の主な銘柄◆

銘柄 <コード>       営業増益率  株価  PER

コニカミノル <4902>     ▼ 4.3   1055   16.8

日立建機 <6305>         2.0倍  3630   25.7

アネスト岩田 <6381>       4.5   1219   18.2

クラッチ <6408> [JQ]   ▼17.7    603   18.4

ミネベア <6479>        48.9   2274   16.7

三菱電 <6503>         16.6   1862.5  16.0

富士電機 <6504>        16.3    816   18.8

日本電産 <6594>        21.1  1万5720   36.4

NEC <6701>         19.5   2924   21.7

富士通 <6702>         57.5    819.6  11.6

ダイヤ電機 <6895> [東証2] ▼16.2   6320   11.0

ファナック <6954>       36.5  2万8290   33.3

三井造 <7003>         20.4   1588   42.8

IHI <7013>         37.2   3415   22.9

スクリーン <7735>       21.5  1万 750   18.7

※株価は28日終値(単位:%、円、倍)

株探ニュース

株探トップ特集

いま最もホットなテーマを分析!

関連記事・情報

  1. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (11/26)
  2. 3年ぶり高水準“12月IPO”、マーケット期待の銘柄は <株探トップ特集> (11/27)
  3. 大塚竜太氏【2017年最終コーナー、注目銘柄・注目セクターは】(1) <相場観特集> (11/27)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 燃え盛る米年末商戦、一進一退で回復へ向かう日本株 (11/26)
  5. 5万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」25社選出【2部・新興】編 (11/26)
  6. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月24日現在)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 潮流の変化(トレンド転換)を見失うな! (11/26)
  8. 「半導体製造装置」関連に利食い売り、米半導体株安が波及も下値では押し目買い (11/27)
  9. 「仮想通貨」関連株に関心、ビットコイン価格は初の100万円に上昇<注目テーマ>
  10. 海の「自動運転関連株」出港へ、2025年自動運航船時代への航路 <株探トップ特集> (11/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場戦略=売り方の買い戻し誘発で続伸も、不安定な地合い 市況
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月27日) 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):DMG森精機、東エレク、任天堂 注目
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月26日版 特集
  5. 5
    キーエンスが1000円超の上昇、米中首脳会談への期待感映す 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.