市場ニュース

2017年12月7日 8時36分
【市況】 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月7日記)


 日経平均株価は、昨日の下げによって、11月9日以降がはっきりした下降の流れを作る可能性が出てきました。

 この下げは、長くても1月頃までに押し目をつける可能性があります。

 押し目をつける可能性がある時期の限界が見えているので、下げ余地は、目先の下げ方によって変わります。

 2万1000円以下まで下げる展開になるなら、目先は勢いの強い下げの流れを継続する公算です。


情報提供:パワートレンド=伊藤智洋のPower Trend

【伊藤智洋 プロフィール】
1996年に投資情報サービス設立。メールマガジン、株価、商品、為替の市況をネット上で配信中。「株の値動きは4回のうち3回当てられる」(KADOKAWA)など著書多数。

◆伊藤智洋のチャート分析の決定版◆
「儲かる! 相場の教科書 ローソク足チャート 究極の読み方・使い方」(日本実業出版社)。

株探ニュース

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 前場に注目すべき3つのポイント~ハイテクの一角に売られ過ぎの反動も (12/07)
  2. 【朝の新連載】トレードマスターラボの日経先物大作戦 (12月7日)
  3. 今朝の注目ニュース! ★共和工業、日本駐車場、トランスGなどに注目! (12/07)
  4. 強弱材料:12/7
  5. 究極の材料株「冬の陣」、いま狙うべき10銘柄とは <株探トップ特集> (12/05)

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知