ログイン
2017年12月22日 16時59分
材料

平山ホールディングス---ラジオNIKKEIマーケットプレス11月30日放送

ラジオNIKKEIマーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業調査レポート』11月30日放送において、平山ホールディングス< 7781>を取り上げている。主な内容は以下の通り。

平山ホールディングスは、日本のものづくりを支える製造支援会社として、インソーシング・派遣事業や技術者派遣事業、海外事業等を展開しています。製造現場のコンサルティングサービスも行っていることが特徴で、コンサルティングサービスをフック役に新規顧客の開拓を国内外で進めています。2015年7月に認知度の向上と人材確保を目的として東京証券取引所JASDAQに上場、2017年3月には環境変化に迅速に対応できる体制構築と意思決定の迅速化による企業競争力強化を目的に、持株会社体制に移行しています。

2018年6月期は売上高が前の期と比べて12.5%増の131億円、営業利益が前の期と比べて300.1%増の1億6,000万円と3期ぶりの営業増益に転じる見通しです。自動車業界向けを中心に主力のインソーシング・派遣事業の売上高が前の期と比べて11.4%増と予想できるほか、受注単価の見直しや生産性改善による収益性向上を見込んでいます。また、技術者派遣事業や海外事業、その他事業についてもそれぞれ2ケタ増収を見込んでおり、増益に寄与する見通しです。

同社は中期目標として、2020年6月期に売上高200億円、営業利益率5%を目指していく考えです。成長戦略として、新規事業と既存事業の融合による高付加価値サービスの創造、高付加価値人材の育成と多様な人材採用、国内サービスのパッケージ化と海外展開、の3点に注力していく方針です。既存事業に、新規事業である工場のインフラレイヤーやバックオフィスレイヤーの需要を取り込み、工場運営に関わるトータルサポートサービスを提供することで、顧客当たり売上高の拡大や新規顧客の獲得を進めていきます。特に最近は、IoTを製造現場に活用するニーズが増えてきており、IoTを含めたコンサルティングサービスを提供することで新規受注の獲得が進むものと期待されます。また、国内の請負サービスを標準化して東南アジアへ展開していくことで、海外事業の成長を加速化していくことも目指しています。現在はタイで事業展開しているが、M&Aも活用しながら周辺国へと展開していく計画となっています。

ラジオNIKKEI マーケットプレス

「フィスコ presents注目企業調査レポート」毎週月・木曜14:30~14:45放送

《TN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 年末“東証2部”スペシャル、24の「割安&好業績」銘柄リスト <株探トップ特集> (12/20)
  2. まだ間に合う、12月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (12/21)
  3. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 30社選出 <成長株特集> (12/21)
  4. 超絶マッハ上昇波へGO! 年内勝負の「高速回転」10銘柄 <株探トップ特集> (12/19)
  5. “アジア水ビジネス”最新事情、技術力で期待の銘柄は? <株探トップ特集> (12/21)
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 12月20日版
  7. 好業績の小型株、中間期に続き“再”【上方修正】候補リスト <成長株特集> (12/17)
  8. 「5G」関連への関心続く、自動運転やIoTに欠かせない技術<注目テーマ> (12/21)
  9. 「自動運転車」に根強い人気、公道での実証実験開始で関心高まる<注目テーマ> (12/20)
  10. 厳冬襲来、“大雪関連株”最新事情―「急騰候補」と注意点 <株探トップ特集> (12/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★パス、UMN、PALTEKなどに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月23日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月22日発表分) 注目
  4. 4
    総投資額1兆円超え、首都圏鉄道投資で急発進前夜の中小型株とは <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    株価大幅上昇のソフトバンクグループに順張りのコール買いが目立つ(21日10:02時点のeワラント取引動向) 経済
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.