ログイン
2017年12月27日 13時31分
材料

オプティム---世界初、AI・IoT・ドローンを活用したピンポイント農薬散布テクノロジーによる大豆栽培に成功

オプティム<3694>は26日、スマート農業※の取り組みの中で、大豆の生育管理にドローンを活用し、病害虫が検知された箇所のみにドローンでピンポイント農薬散布を行う試みを実施したと発表。

農業生産法人イケマコ(所在地:佐賀県佐賀市)が管理する88エーカーの大豆畑を2分割し、一方は通常の育て方を実施、もう一方は「OPTiM スマート農業ソリューション」を活用した、ドローンを用いたピンポイント農薬散布栽培を実施し、残留農薬量、収量、品質、労力・農薬コスト削減効果の実証実験を行った。

第三者調査機関により、ドローンを用いて栽培された大豆の残留農薬を検査した結果、残留している農薬が不検出相当であるとの検査結果が確認された。これは、世界で初めて(同社調べ)大豆の生育管理にドローンを用いて、病害虫が検出された箇所のみピンポイントで農薬散布を実施することで、通常栽培で使用する農薬の量の10分の1以下に削減し、農家の生産コストを抑えられた栽培が成功したことを意味する。なお、本取り組みに関連する特許群を現在出願中。

同社は今後、ピンポイント農薬散布栽培について農家を幅広く募集して、安心安全な農作物の普及を推進していく考え。

※AI・IoT・ロボットなどの最先端技術を農業へ活用し、農作業の負担軽減や、農作物の収量、品質の向上などを目指す、新たな農業。

《TN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 追い風吹く、いま注目すべき主力株! (12/24)
  2. “お年玉株”先回り、2018年期待の「最高益&割安株」 <株探トップ特集> (12/25)
  3. 「テレワーク難民を救え!その秘策とは」 ブイキューブに聞く! <直撃Q&A> (12/27)
  4. 「トランプ減税」成立、そしてNYダウ“3万ドル”への道が見え始めた <株探トップ.. (12/23)
  5. 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 39社選出 <成長株特集> (12/24)
  6. 大塚竜太氏【薄商いでも強い!「掉尾の一振」と新年相場の勘所】(1) <相場観特集> (12/25)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 2018年には投資の時代が到来する! (12/24)
  8. 大谷正之氏【薄商いでも強い!「掉尾の一振」と新年相場の勘所】(3) <相場観特集> (12/25)
  9. 5万円以下で買える、高ROE・低PBR「お宝候補」14社選出【2部・新興】編 (12/24)
  10. 年の瀬恒例“IPO祭り”、直近上場株で「一段高チャレンジ」へGO <株探トップ特集> (12/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
  3. 3
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:決算を超えて監視した銘柄群を一部公開【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.