ログイン
2018年1月15日 11時49分
材料

オプティム---「スマート農業アライアンス」へ、みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティム<3694>は12日、同社が新たに設立した「スマート農業アライアンス」へ、みちのく銀行<8350>をはじめとした青森県内の農業者3社サンマモルワイナリー(本社:青森県むつ市)、松山ハーブ農園(本社:青森県青森市)、アグリーンハート(本社:青森県黒石市)が参画し、実証実験を開始すると発表した。同社では、11日にみちのく銀行と「AI・IoT戦略的包括提携」を締結しており、これは提携第一弾の取り組み。

「スマート農業アライアンス」とは、AI・IoT・ビッグデータを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組み。農家だけではなく、企業や金融機関、自治体、大学など、スマート農業を共に実現する未来志向があれば誰でも参画できる。

「スマート農業アライアンス」に参画すると、「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」の何れかに参加することとなる。「スマートアグリフードプロジェクト」は、ドローン・AI・IoTを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクトである。「スマートアグリフードプロジェクト」は、スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクトである。

今後もAI・IoT活用を推進すると同時に、全産業・行政領域へとAI・IoT活用を拡大させていく考え。

《NB》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 先取り! 不祥事銘柄“復活の果実” (01/14)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 資源素材など物色範囲広がる (01/14)
  3. 1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (01/13)
  4. 輝ける高収益の中小型株、営業利益率“25%超”リスト[非製造業編] <成長株特集> (01/14)
  5. 5万円以下で買える、増収増益&低PER「お宝候補」19社【2部・新興】編 <割安株.. (01/14)
  6. 「武者陵司×南川明 2018年を読む!(南川氏講演 前編)」 (01/14)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (1月12日現在)
  8. 実用放送カウントダウン「4K・8K」、関連株トップランナーを追う <株探トップ特集> (01/13)
  9. 夜と翻訳―春節1ヵ月前「インバウンド関連株」最前線 <株探トップ特集> (01/11)
  10. 上昇超特急"ニッポン株"、2部&新興「特等席10銘柄」でGO! <株探トップ特集> (01/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:レオパレス、三越伊勢丹、しまむら 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月24日) 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、しまむら、三越伊勢丹 注目
  4. 4
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):Gunosy、ハウス食G、そーせい 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.