市場ニュース

2018年1月16日 19時11分
【通貨】 欧州為替:ドル・円は底堅い、ユーロは下げ渋り


 ドル・円は110円70銭付近で底堅い値動き。ドイツ政局の不透明感を背景にユーロ・円が急落し、クロス円の下落でドル・円を押し下げたが、足元でユーロ売りは一服。


 一方、18時半に発表された英国のインフレ指標のうち、12月消費者物価指数(CPI)のコア指数が予想以上に低下。ポンド売りになっており、ポンド・ドルは発表時の1.3779ドルから1.3754ドルまで下落している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円61銭から110円76銭。ユーロ・円は135円28銭から135円77銭、ユーロ・ドルは1.2222ドルから1.2267ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場見通し=地合いの強さ保ち続伸、先物主導の上昇を警戒する見方も (01/16)
  2. 輝ける高収益の中小型株、営業利益率“25%超”リスト[非製造業編] <成長株特集> (01/14)
  3. 最新“採れたて”好業績リスト、注目の2月期高進捗銘柄は <株探トップ特集> (01/15)
  4. 「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ> (01/16)
  5. 「電線地中化」関連株の人気上昇、政府が制度整備に着手と伝わる<注目テーマ> (01/15)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨