ログイン
2018年2月2日 12時45分
材料

イー・ガーディアン---1Qは2ケタ増収増益、各事業が好調にスタート

イー・ガーディアン<6050>は1日、2018年9月期第1四半期(2017年10~12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比28.4%増の14.54億円、営業利益が同53.7%増の2.78億円、経常利益が同55.5%増の2.85億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同62.9%増の1.87億円となった。

ソーシャルサポートの売上高は前年同期比6.1%増の4.62億円となった。近年急成長しているソーシャルメディアにおいて、監視・CSだけではなく、運用や分析といった多種多様な新サービスの展開や既存顧客への深耕営業に注力した。配信される動画のリアルタイムモニターや投稿コメントの監視、チャット・電話によるカスタマーサポート対応を行う「ライブコマースパトロール」を提供開始した。

ゲームサポートの売上高は前年同期比22.3%増の6.08億円となった。拡大が続いているソーシャルゲーム市場において、日本市場に参入する中国系、韓国系等海外ゲーム企業の多言語CSをはじめ、多様化する顧客ニーズに対応すべく、同社グループの様々なサービスを併せて提供し付加価値を高めてきた。2017年11月にはE-Guardian Philippines Inc.が稼働を開始し、多言語に対応できるサービスを提供している。また、LINEカスタマーサポートを用いたゲームCSの新規顧客へのリプレイス営業に注力した。

アド・プロセスの売上高は前年同期比19.1%増の1.76億円となった。既存の広告審査業務だけでなく、広告枠管理から入稿管理、広告ライティング等の提供サービスの拡大に注力し、派遣・常駐型と地方センターを組み合わせた効率的な運用により競合他社との差別化を図った。加えて、画像内物体検知システム「Kiducoo AI(キヅコウ エーアイ)」を用いて、企業が展開する商品やサービス広告に使用されるロゴやキャラクター盗用による著作権侵害パトロール、及びマーケティングデータを収集するサービスを展開し、売上拡大を目指した。

2018年9月期通期の業績予想について、売上高が前期比16.6%増の59.10億円、営業利益が同13.8%増の9.23億円、経常利益が同10.2%増の9.26億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.7%増の6.11億円とする計画を据え置いている。

《MW》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 高成長銘柄を追う! 10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月1日版
  2. 「仮想通貨」関連株への注目度急上昇、コインチェックの資金流出で関心<注目.. (01/29)
  3. もう一つの危機“物流施設”人手不足、脚光「省人化」関連株 <株探トップ特集> (02/01)
  4. 資源関連株を狙え! 米“貿易戦争モード”が導く上昇トレンドに乗る <株探トップ.. (01/30)
  5. 「サイバーセキュリティ」の注目度急上昇、国防の観点でも必須テーマに<注目.. (01/30)
  6. 「ドライブレコーダー」関連は根強い人気、「あおり運転」問題で10~12月出荷急増.. (02/01)
  7. 激化、“世界人材開発競争” 曙光「教育×技術=EdTech」関連株を探る <株探トップ..(01/31)
  8. 「カジノ関連」のランキング上昇、安倍首相がIR実施法案の国会提出を表明<注目.. (02/02)
  9. 中村潤一の相場スクランブル 「揺れる2月相場、突き抜ける材料株」 (01/31)
  10. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月1日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “2大材料”に押され外国人の見直し買い続く! 市況
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9~10月に買い場が到来する意味とは…? 市況
  3. 3
    5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」26社【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月20日現在) 特集
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:注目中のRPA関連とその他の個別株を紹介【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.