ログイン
2018年2月16日 18時27分
材料

アイ・エス・ビー---17/12期は大幅な増収増益、18/12期も引き続き好調見込む

アイ・エス・ビー<9702>は14日、2017年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比24.4%増の166.68億円、営業利益が同97.2%増の5.96億円、経常利益が同92.9%増の6.27億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同75.7%増の3.07億円と大幅な増収増益なった。

情報サービス事業では、売上高が前期比0.0%増の134.05億円、営業利益が同53.8%増の4.65億円となった。「モバイルインフラ」、「情報サービス」、「フィールドサービス」が基地局開発業務や好調な企業業績を背景にしたシステム刷新等の業務が堅調に推移し前期を上回った。一方、「携帯端末」、「公共」、「金融」については、市場規模や開発案件の縮小による受注量の減少、IT技術者不足による影響を受け、前期を下回った。

利益面では、働き方改革への取組みによる成果が出始めたこと、プロジェクト管理強化による収益性改善等が寄与し、今期増加した研究開発費等を吸収し大幅増益となった。

また、新事業においては、従来から取り組んでいる事業に引き続き取り組む一方、L-ShareViewer(エルシェアビューア)の「医薬品医療機器法(薬機法)」の認証を取得するなどの成果があった。

セキュリティシステム事業では、売上高が32. 62億円、営業利益が1. 31億円となった。電気錠の可能性を広げる、アクセスコントロール専用IoTプラットフォーム「ALLIGATE(アリゲイト)」を開発、包括的なアクセスコントロール・ソリューション等新しいサービスも開始し、初年度から販売に至った。

2018年12月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比5.0%増の175.00億円、営業利益が同20.7%増の7.20億円、経常利益が同18.0%増の7.40億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同23.5%増の3.80億円としている。

《MW》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 円高リスク少ない内需株、10-12月期“好調継続"リスト〔第1弾〕 <成長株特集> (02/15)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月15日版
  3. 中村潤一の相場スクランブル 「波乱に勝つ株、いま浮かび上がる最強の選択肢」 (02/14)
  4. 5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER 16社選出 <テクニカル特集> 2月16日版
  5. 利益成長“青天井”銘柄リスト【第2弾】 39社選出 <成長株特集> (02/12)
  6. 底入れ反騰相場の牽引役 3Q経常高進捗率銘柄に照準 <株探トップ特集> (02/14)
  7. 普及元年「eスポーツ」、2018年ニッポン“e獲千金”夢銘柄 <株探トップ特集> (02/15)
  8. 追跡“アクティビストファンド”、混迷相場のなか存在感高まる <株探トップ特集> (02/13)
  9. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/12)
  10. 窪田朋一郎氏【米株高でも気迷いムード、日本株底入れはいつ?】(1) <相場観.. (02/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.