市場ニュース

2018年2月19日 12時31分
【市況】 後場に注目すべき3つのポイント~一段の上昇には材料が欲しいところ


19日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は大幅続伸、一段の上昇には材料が欲しいところ
・ドル・円は下げ渋り、日本株高で円買いはやや後退
・値上がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はファーストリテ<9983>


■日経平均は大幅続伸、一段の上昇には材料が欲しいところ

日経平均は大幅に続伸。288.76円高の22009.01円(出来高概算6億2000万株)で前場の取引を終えた。ザラバでの22000円回復は7営業日ぶり。16日の米国市場ではNYダウが小幅ながらも6営業日続伸となり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比135円高の21875円だった。この流れを引き継ぐ格好から、買いが先行しており、21900円を回復した日経平均は、その後もじりじりと上げ幅を広げている。ただし、22000円回復後は同水準でのこう着をみせている。

セクターではゴム製品を除いた32業種が上昇しており、卸売、その他金融、倉庫運輸、非鉄金属、水産農林が2%を超える上昇。東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1900を超えており、全体の9割を超える全面高商状となった。指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>など値がさ株が指数を押し上げている。

日経平均は22000円を回復したことから、一部のテクニカル指標は陽転シグナルを発生させている。円相場は1ドル106円10銭台と円高に振れて推移しているが、薄商いの中を先物主導で上昇しているため、警戒している動きはみられていない。週明けの米国市場はプレジデンツデーの祝日で休場となるため海外勢のフローは限られているため、薄商いの中を先物主導のインデックス買いで大きく動きやすい面もある。一方で、ロシア疑惑問題などへの警戒も高まらない状況のようである。とはいえ、節目の22000円回復でいったんは達成感が意識されやすく、自律反発の範囲内であろう。ここからの一段の上昇には材料が欲しいところである。

物色としては指数インパクトの大きい値がさ株を睨みながらとなるが、足元の急落等でイレギュラー的に下げていた銘柄も多く、その中で業績を改めて評価する動きなどが意識されそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は下げ渋り、日本株高で円買いはやや後退

19日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日本株の堅調地合いを受け警戒の円買いは後退し、ドルは106円台を維持した。

ドル・円は、値ごろ感による国内勢の買戻しで106円37銭まで値を切り上げる場面もあった。その後は買戻しが一服し、106円10銭付近まで失速した。

ただ、日本株との相関性は薄れているとはいえ、日経平均株価が前週末比で大幅高となり警戒の円買いは後退しているようだ。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持しており、目先の日本株高継続が観測される。目先もリスク回避的な円買いは想定しにくい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円10銭から106円37銭、ユーロ・円は131円81銭から132円08銭、ユーロ・ドルは1.2402ドルから1.2435ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・REMIX<3825>やニッキ<6042>がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はファーストリテ<9983>


■経済指標・要人発言

・日・1月貿易収支:-9430億円(予想:-1兆202億円、12月:+3587億円)


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
特になし

<海外>
特になし

《DM》

 提供:フィスコ

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (2月19日記)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 金融マーケット“春の乱”の正体は? (02/18)
  3. 話題株ピックアップ【昼刊】:コシダカHD、ユーザベース、エイチーム (02/19)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 10 銘柄  S安= 0 銘柄 (2月19日)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ バフェット“賢者の流儀”、急落を勝機に! (02/18)

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る