市場ニュース

2018年2月19日 14時42分
【通貨】 東京為替:ドル・円は伸び悩み、材料難で買い手控え


 19日午後の東京市場でドル・円は一時106円45銭まで強含んだ。日経平均株価が前週末比約400円高と堅調地合いを維持し、円売りに振れやすい地合い。また、ユーロ・ドルの失速でドルへの下押し圧力は後退している。ただ、アジア旧正月や米国休場などで材料難のため、積極的なドル買いは手控えられ、足元は106円40銭付近で伸び悩んでいる。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円10銭から106円45銭。、ユーロ・円は131円81銭から132円14銭、ユーロ・ドルは1.2402ドルから1.2435ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、米・中貿易戦争激化を警戒 6/23
  2. ユーロ週間見通し:もみ合いか、リスク回避の円買い縮小で下げ渋る可能性も 6/23
  3. 英ポンド週間見通し:8月利上げ観測で下げ渋りか 6/23
  4. 豪ドル週間見通し:弱含みか、貿易戦争懸念や資源先安観で売り継続 6/23
  5. 6月22日のNY為替概況 6/23