市場ニュース

2018年2月20日 19時08分
【市況】 株価急落後の米国株と日本株~投資の学校(高井ひろえ)


こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「投資の学校の気になるレポート」です。投資の学校プレミアムの講師である戸松信博先生のコラムについて興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

同コラムでは、今の相場の注目点について、戸松信博先生が「先々週の急落からどのような反応を見せるか」ということだと伝えており、まず先々週と先週の米国株と日本株について振り返っています。米国株については、『先々週に下落転換とした米国株は連日で反発しました。ダウは週末までに6連騰し週間+4.25%高、S&P500指数も5連騰を含み同+4.30%。アップルなどの主要株が大幅高したナスダック総合指数も+5.31%』と、いずれも大幅反発だったとあげる一方で、日本株については、『4%以上上げた米国に比べ、物足りない反発だった』と振り返りました。さらに、『短期相場判定は下落トレンドを据え置かざるを得ない状況』と分析しています。

足元で円高が進行しているものの、『長期の為替水準をよく説明してきた日米金利差は、この間米国金利の大幅上昇によって大きく拡大しており、ファンダメンタルズから見ても、過去の相関実績からみても、ここは円安に向かうのが正しい姿です』と振り返っており、『1ドル=110円以上に戻さなくても、今の日本企業の勢いからすれば来期(2019年3月期)も力強い増収増益で最高益を更新できるでしょう』との見解を述べています。

最後に、『買う暇もないほど一気に急騰するのが日本株の特徴であり、ここは辛抱のしどころである』とまとめています。同コラムでは、その他にも相場を見る上での注目点を挙げています。ここまでの戸松先生の見解を踏まえて、相場を読み解く力を養っていきましょう。

なお、上記の記事の詳細コメントは、株式会社ファイナンシャルインテリジェンスが運営している「投資の学校プレミアム」の2月20日付のコラムである『株価急落後の米国株と日本株』にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

高井ひろえの「気になるレポート」は各種レポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

《HT》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 均衡表【買いシグナル】低PBR 26社選出 <テクニカル特集> 2月20日版
  2. まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/20)
  3. 大相場の足音――「パワー半導体関連」仕込み場のワケ <株探トップ特集> (02/17)
  4. 円高リスク少ない内需株、10-12月期“好調継続"リスト〔第2弾〕 <成長株特集>
  5. 雨宮京子氏【“リスク回避”終息へ、戻り相場のメドと物色方向】(1) <相場観特集> (02/19)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨