ログイン
2018年2月27日 12時10分
材料

イグニス---ラジオNIKKEIマーケットプレス2月8日放送

ラジオNIKKEIマーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業調査レポート』2月8日放送において、イグニス<3689>を取り上げている。主な内容は以下の通り。

次に紹介するのは、証券コード<3689>東証マザーズ上場のイグニスです。

イグニスは、スマートフォン向けネイティブアプリの企画・開発・運営・販売等を主力としています。「コミュニティ」「ネイティブゲーム」「メディア」の3つのジャンルを事業の柱とし、ゲーム及び非ゲームの領域で独自のポジショニングを確立してきました。また、新規事業としてVRやIoTなどにも挑戦しています。

イグニスは、2017年9月期より2020年9月期までの中期経営計画をスタートしました。新たな成長軸が立ち上がってきたことから、既存事業を「コミュニティ」「ネイティブゲーム」「メディア」の3つの事業に枠組みを整理し、それぞれの維持・強化を図る一方、新たに複数の事業を順次立ち上げ、2020年にはすべて収益事業化することを目指しています。2020年9月期の目標として、売上高150億円、営業利益60億円を掲げており、新規事業で営業利益の30%を稼ぎ出す構えです。

「中期経営計画の実現を目指した事業投資の年度」と位置付けた2017年9月期の業績は、売上高が前の期と比べて0.1%減の55億7,700万円、営業利益が前の期と比べて94.3%減の8,300万円と売上高はほぼ横ばいながら大幅な減益となりました。積極的な事業投資が利益水準を引き下げたものの、期初に発表したイグニスの決算説明資料でも事業投資のことが触れられており、想定どおりの展開とみられます。売上高は、「ぼくとドラゴン」が消費税にかかる特殊要因の影響もあり、前の期と比べてで縮小したものの、オンライン恋愛・婚活サービス「with」の大幅な伸びなどにより横ばいを確保しました。一方、利益面では、新プロダクト開発や新規事業の立ち上げに伴う研究開発費のほか、「with」を中心とした広告宣伝費の増加、体制強化に伴うオフィス増床関連費用の発生等が大幅な減益を招く格好となりました。また、新規事業の立ち上げを含め、幅広い分野への事業投資を実施し、今後の成長に向けた事業基盤の構築においては一定の成果を残したものと評価できます。

ラジオNIKKEI マーケットプレス

「フィスコ presents注目企業調査レポート」毎週月・木曜14:30~14:45放送

《TN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 底値鍛錬から上昇相場へ回帰か (02/25)
  2. 桂畑誠治氏【米国発の波乱相場に幕? ずばり期末相場を読む】(1) <相場観特集> (02/26)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 下落局面を乗り切る“3つの鉄則” (02/25)
  4. 3月期末へラストスパート、“高配当&増益”銘柄に照準 <株探トップ特集> (02/26)
  5. 5万円以下で買える、高利回り&増益「お宝候補」21社 【2部・新興】編 <割安株.. (02/25)
  6. 好業績続く、中小型株【低PER】銘柄リスト〔第2弾〕 32社選出 <成長株特集> (02/25)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月23日現在)
  8. 「防衛関連」への関心高まる、平昌冬季五輪後にらみ再動意機運<注目テーマ> (02/26)
  9. 「カジノ関連」のランキング上昇、政府は3月中のIR実施法案の国会提出目指す.. (02/23)
  10. 「電線地中化」の注目度は依然高い、「無電柱化推進計画」公表が新たな刺激材料.. (02/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★免疫生物研、ソレイジア、クワザワなどに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月17日発表分) 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月18日記) 市況
  4. 4
    コロプラ---一時ストップ高、「ドラクエウォーク」の人気化を材料視 材料
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.