ログイン
2018年3月2日 10時07分
材料

ロゼッタが反発、総務省がAI同時翻訳システムを活用した企業の製品開発後押しと報じられる

ロゼッタ<6182>が反発している。きょう付の日本経済新聞で「総務省は人工知能(AI)による同時通訳システムを活用した企業の製品開発を後押しする」と報じられていることを受けて、自動翻訳関連の代表的銘柄として物色されているようだ。

記事によると、総務省所管の情報通信研究機構(NICT)が持つ同時通訳の基幹技術の民間開放を進め、初期投資を抑えて実用化に乗り出しやすくし、グーグルなど米IT大手企業も開発を急ぐAI通訳技術を官民で育てるのが狙いという。ロゼッタでは、昨年11月に自動翻訳システム「T-4OO(ver.2)」を発売しているが、さらなる技術開発に期待が持たれている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 「バーコード」のランキング上昇、「3メガバンクがQRコード決済規格統一へ」報道が.. (03/01)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 3月1日版
  3. 平昌から東京へ、五輪カウントダウンで「都市鉱山関連」が注目の理由 <株探トップ.. (03/01)
  4. 仕事はロボット任せの時代へ、“RPA関連株”に刺激材料 <株探トップ特集> (02/28)
  5. 中村潤一の相場スクランブル 「春風に舞う、大いなる反撃株8選」 (02/28)
  6. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (03/01)
  7. 世界で脚光浴びる「5G」、1年前倒しの商用化で関連銘柄にインパクト<注目.. (02/27)
  8. 謎の円高“USDJPY=105.54”、日米金利差拡大も「ドル安円高」のなぜ <株探トップ.. (02/27)
  9. 好業績続く、中小型株【低PER】銘柄リスト〔第2弾〕 32社選出 <成長株特集> (02/25)
  10. 5万円以下で買える、高利回り&増益「お宝候補」21社 【2部・新興】編 <割安株.. (02/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内企業決算本格化、米4-6月期GDP、日米貿易協議動向 市況
  5. 5
    10万円以下で買える、売上・経常最高&低PBR「お宝候補」18社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.