市場ニュース

2018年3月20日 10時52分
【経済】 (中国)上海総合指数は0.67%安でスタート、海外市場の下落や米中貿易摩擦を警戒


20日の上海総合指数は売り先行。前日比0.67%安の3257.22ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時46分現在、0.28%安の3269.97ptで推移している。海外市場の下落が嫌気され、中国株にも売り圧力が強まっている。また、米中の貿易摩擦に対する懸念が高まっていることも圧迫材料。一方、習近平国家主席の再選に伴う景気対策への期待が高まっていることなどが指数をサポートしている。

《AN》

 提供:フィスコ

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (3月16日現在)
  2. 進むアマゾン包囲網! “生鮮食品宅配”ウォーズで騰がる株 <株探トップ特集> (03/17)
  3. 絶好調「焼き肉」業界の“食べ頃”銘柄フルコース <株探トップ特集> (03/19)
  4. 「カジノ」へ関心高まる、今国会へ実施法案提出で再注目も<注目テーマ> (03/19)
  5. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (3月20日記)