市場ニュース

2018年3月21日 12時22分
【通貨】 東京為替:ドル・円はほぼ横ばい、米FRBの政策決定を控え様子見


21日午前の東京市場で、ドル・円はほぼ横ばい。東京市場が春分の日の休場で薄商いのなか、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策決定を控え模様眺めとなった。

ドル・円は、前日と今日の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の引き上げが見込まれ、ドル売りは仕掛けづらい地合いとなり、106円半ばを中心に底堅い値動き。

また、本日は中国や香港、韓国などアジアの主要株価指数がプラス圏で推移し、円買いは後退しているようだ。反面、買い材料は乏しく、ドルは目先も上昇は見込みづらい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円44銭から106円55銭、ユーロ・円は130円40銭から130円54銭、ユーロ・ドルは1.2241ドルから1.2259ドルで推移した。

《MK》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 欧州為替:ドル・円は108円乗せ、米長期金利が上昇 18:12
  2. 外為:1ドル107円99銭前後と小幅なドル高・円安で推移 18:01
  3. 明日の為替相場見通し=108円ライン突破なるか 17:48
  4. 外為サマリー:1ドル107円90銭前後へ強含む、米長期金利が上昇 17:29
  5. 欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、米通商政策への警戒根強い 17:25

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨