市場ニュース

2018年4月19日 15時18分
【注目】 話題株ピックアップ【夕刊】(2):新日鉄住金、コマツ、テルモ

■新日鐵住金 <5401>  2,421円  +67 円 (+2.9%)  本日終値
 新日鉄住金<5401>、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411>など鉄鋼株が高い。世界的なメタル市況の上昇がチャート的に出遅れ顕著な鉄鋼株にも底値買いを促す発端となっている。また、国内では首都圏を中心に大型都市再開発の動きが活発化するなか、建設資材である鋼材需要が拡大、つれて鋼材価格も上昇傾向を強めており、鉄鋼株への見直し買いを誘った。

■コマツ <6301>  3,731円  +102 円 (+2.8%)  本日終値
 コマツ<6301>、日立建機<6305>が高い。北朝鮮による地政学リスクが後退するとともにコマツなど建機株を見直す動きが強まっている。ポンぺオ米中央情報局(CIA)長官が北朝鮮の金正恩委員長と会談したことが明らかになり、5月末とも予想される米朝首脳会談への期待が浮上。また、27日の韓国と北朝鮮による南北首脳会談も迫ってきた。さらに、24日に予定されている米キャタピラーの決算も注目されている。

■テルモ <4543>  6,090円  +140 円 (+2.4%)  本日終値
 テルモ<4543>が4日続伸し年初来高値を更新。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は18日、同社株の目標株価は5910円から6380円に引き上げるとともにレーティングの「オーバーウエート」を再強調した。「収益性重視の経営体制構築」や「米国を中心としたアクセスデバイス(手首や足の付け根の血管にカテーテルを挿入し病変部までの道筋を作るための機器)事業のさらなる成長」「脳血管治療領域でのカテーテル治療普及」などのエクイティストーリーは株価に反映していないと指摘。同社が高い競争力を有している製品群の海外での成長は本格化しており、今後も業績は好調に推移すると予想している。

■ジェイテクト <6473>  1,653円  +32 円 (+2.0%)  本日終値
 ジェイテクト<6473>が続伸。18日の取引終了後、4月25日から~5月4日に中国国際展覧中心新館(北京市)で開催される「Auto China 2018(第15回北京国際汽車展覧会)」に出展すると発表しており、知名度の向上や商機の拡大につながるとの期待から買いが入ったようだ。今回の出展では、「Creating the next value 次世代技術で新たな価値を」をテーマに、中国市場ニーズに合致した環境技術を含む先進技術を紹介する予定で、同社の自動車部品(ステアリング、駆動、軸受の各種製品)を搭載した動くカットモデルや燃費向上貢献技術などを紹介するとしている。

■東京応化工業 <4186>  3,930円  +70 円 (+1.8%)  本日終値
 東京応化工業<4186>が4日ぶり反発。18日取引終了後に光学材料の開発・製造を手掛ける米ピクセリジェント社(メリーランド州)に200万ドル(約2億2000万円)を出資したと発表したことで、これを好材料視した買いが入った。同社は今後成長が期待できる有機ELディスプレーやCMOSイメージセンサーの高輝度化・高感度化に貢献する高屈折率材料の提供を推進するため、高屈折率無機材料の機能的に表面修飾された酸化ジルコニウムナノ粒子(ZrO2)を直径10ナノメートル(10億分の1メートル)以下で量産する技術を持つ世界屈指のメーカーであるピクセリジェント社に出資することを判断したという。

■アドベンチャー <6030>  14,980円  +250 円 (+1.7%)  本日終値
 アドベンチャー <6030> [東証M]が続伸。18日、航空券予約販売サイト「skyticket」の月次取扱高を発表。3月は前年同月比73%増に拡大し、過去最高を更新したことが買い材料視された。3月の取扱高は69.9億円となり、昨年7月に記録した過去最高(66.3億円)を8ヵ月ぶりに更新した。今18年6月期は1月に子会社化したコスミック流通産業ら3社の業績上積みもあり、売上高は前期比2.4倍の125億円を計画している。

■日本郵船 <9101>  2,267円  +37 円 (+1.7%)  本日終値
 日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など大手をはじめ海運株が大きく買われた。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数の上昇基調が顕著となっている。前日に72ポイント高と大幅高で8連騰を記録、1124まで水準を戻した。一時、対中国を筆頭に米国の保護主義色の強い通商政策により世界景気の減速につながるとの懸念が浮上、バルチック指数も3月から4月上旬にかけて大きく下押した。しかし、その後はトランプ米大統領の打ち出す輸入制限措置が世界経済に与える影響は限定的との見方が定着し始め、同指数も戻り足を強めている。これが、海運株への見直し買いの動きに反映されている。

■五洋建設 <1893>  833円  +13 円 (+1.6%)  本日終値
 五洋建設<1893>が4日続伸。18日の取引終了後、シンガポール住宅開発庁からテコン島A・C地区干拓地造成工事をオランダ企業と共同で受注したと発表しており、これを好材料視した買いが入った。同工事は、シンガポールの東に位置するテコン島の北西部に、同国では初の試みとなる干拓地方式で約810ヘクタールを造成するというもの。受注金額はJVで約999億円、五洋建の受注金額は約489億円となる。なお、工期は48カ月で22年4月に竣工を予定している。

■UACJ <5741>  2,860円  +43 円 (+1.5%)  本日終値
 UACJ<5741>や日本軽金属ホールディングス<5703>といったアルミニウム関連株が高い。18日に発表された米アルミニウム大手のアルコアの1~3月期決算が好調だったことから、同社株が上昇。この日の東京市場ではUACJや日軽金HDに連想買いが流入した。また、ロンドン金属取引所(LME)でアルミ相場が急上昇。ロシアのアルミ大手ルサールに対する米国の制裁措置でアルミ供給が減少するとの見方から、アルミ価格は約7年ぶり高値に上昇している。

■アルヒ <7198>  1,502円  +22 円 (+1.5%)  本日終値
 アルヒ<7198>は上場来高値を更新。この日の寄り前に、住宅ローンの契約手続きをWeb上で行うことができる電子契約サービスの導入を開始すると発表しており、これを好感した買いが入った。同サービスは、新日鉄住金ソリューションズ<2327>の電子契約サービス「CONTRACTHUB@absonne」を採用し、住宅ローンを利用する際、従来は紙の書類で利用者が手続きしていた契約プロセスをWeb上で円滑に行えるようにするというもの。印紙代の負担や署名・押印の手間を削減することができるほか、スピードの向上や業務の効率化にもつながると期待されている。

株探ニュース

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):DIC、安川電、三菱UFJ (04/19)
  2. 【↑】日経平均 大引け| 5日続伸、日米首脳会談通過で海外勢買い戻しも上値は重い (4月19日)
  3. 2万2000円「関門突破」で注目したい“最新大幅増益”株 <株探トップ特集> (04/18)
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月18日版
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):安永、平田機工、カチタス (04/19)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨