市場ニュース

2018年6月23日 14時49分
【通貨】 豪ドル週間見通し:弱含みか、貿易戦争懸念や資源先安観で売り継続


■弱含み、米・中貿易摩擦の激化懸念で売り強まる

先週の豪ドル・円は弱含み。トランプ米大統領が中国に対する2000億ドル規模の追加制裁関税を指示したことで、中国が追加的な関税リスト公表なら断固反撃と反発。米・中貿易摩擦の激化懸念から資源国通貨豪ドル売りになった。取引レンジ:80円63銭-82円47銭。

■弱含みか、貿易戦争懸念や資源先安観で売り継続

今週の豪ドル・円は弱含みか。米中貿易摩擦がエスカレートする可能性が懸念され、中国の景気減速や資源価格下落による豪経済への打撃が警戒される。また、豪準備銀行(中央銀行)は利上げを急がない方針を維持しており、豪ドルは引き続き売られやすい。一方、世界的な貿易戦争への懸念や欧州連合(EU)首脳会議に向けて、リスク回避的な円買いになりやすい。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:80円00銭-83円00銭

《FA》

 提供:フィスコ

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:米中・米欧貿易摩擦の行方を見極め (06/23)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米チグハグ指数、サマーラリーか、バカンスか?」 (06/23)
  3. 為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、米・中貿易戦争激化を警戒 (06/23)
  4. 米国株式市場見通し:貿易摩擦による先行き不透明感が広がる (06/23)
  5. NY株式:NYダウは119ドル高、原油相場の上昇を好感 (06/23)