ログイン
2018年8月15日 11時49分
材料

アライドアーキテクツ---2Q決算を発表、国内事業の受注残高は過去最高額

アライドアーキテクツ<6081>は14日、2018年12月期第2四半期(2018年1月-6月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比28.0%減の21.95億円、営業利益は0.00億円(前年同期は0.16億円の損失)、経常損失は0.38億円(同0.64億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は0.69億円(同0.90億円の利益)となった。

同社グループでは各種サービスの機能拡充や営業体制の見直しに加え、マーケティングに関するSaaS(Software as a Service)と各種ソリューションのクロスセルなどにより、顧客企業の総合的なソーシャルメディアマーケティング支援に取り組んだ。国内事業は、これまでの事業拡張と今後の事業展開の方向性を再定義し、企業における「ファン」と企業の最適な関係構築を目指す「ファン・リレーションシップ・デザイン」構想を掲げ、ファンとともにビジネスの成長を目指す企業を包括的に支援していくとしている。

シンガポール子会社であるReFUEL4Pte.LTD.は、顧客企業への提供価値やビジネスモデルをよりわかりやすく表現することを目的にサービス名称を「CREADITS(R)」に変更し、変更に合わせて商号もReFUEL4Pte.LTD.からCreaditsPte.Ltd.に変更した。広告クリエイティブに特化したグローバルプラットフォーム「CREADITS(R)」は、市場のニーズに合わせてビジネスモデルを改善しながら順調に成長している。事業の選択と集中の結果として、利益率の低い海外SNS広告について実施しないこととしたため、売上高は減少した。

2018年12月通期については、売上高が前期比26.0%減の41.50億円、営業利益が3.28億円、経常利益が3.08億円、親会社株主に帰属する当期純利益2.38億円とする5月15日に修正した業績予想を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. “好発進”銘柄を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月14日版
  2. また来た“海外発ショック安”、危機通過後に備える好実態株は <株探トップ.. (08/13)
  3. 検証・トルコショックの“落ち着き処”、波乱は一時的の見方も <株探トップ特.. (08/14)
  4. 桂畑誠治氏【トルコ発、世界連鎖株安の行方はこうなる】(1) <相場観特集> (08/13)
  5. 利益成長“青天井”銘柄リスト【第3弾】 30社選出 <成長株特集> (08/12)
  6. 8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (08/14)
  7. 「耐火物・耐火れんが」が物色テーマ化、関連株の株価急騰相次ぐ<注目テーマ> (08/14)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上放れ待つ東京市場、号砲鳴らすのは中国か? (08/12)
  9. 5万円以下で買える、低PBR&低PER「お宝候補」19社 【2部・新興】編 <割安株.. (08/12)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月10日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月19日発表分) 注目
  2. 2
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場戦略=下値の底堅さは確認、「5G」関連株などに注目 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月19日) 注目
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.