ログイン
2018年8月22日 9時25分
経済

コラム【アナリスト夜話】:世界のATMが狙われている?FBIが警告(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)

先週、米FBI(連邦捜査局)が、「世界の銀行ATMにサイバー攻撃のリスクがある」という警告を発したと報じられました。そしてその直後、インド第2位の信用組合Cosmos Bankで、銀行の規模の割には大掛かりなATMの不正事件が発生し、金融機関をヒヤリとさせました。

インドでは、6月にATMにネズミが侵入し、200万円分のお札が噛みちぎられるという残念なニュースがありましたが、今回の“侵入者”は高度でした。ハッカーがサーバーを操作し、ATMから預金が不正に引き出されたり、29か国で偽造デビットカードが使われるなどして13億円が盗まれました。但し、これとFBIの警告との関係は不明です。

世界のATMの不正利用件数は増加傾向にあります。ATM協会(ATM Industry Association) による17年のアンケート調査では、銀行の54%がATMの不正事件が増えたと回答しています。

日本はどうでしょうか。昨年度のインターネットバンキングやATMの不正被害は前年度から減少しました。ただし、平均被害額は倍増し、1件当たり292万円にも上りました(金融庁)。

では、どのような対策をとればいいでしょうか。当たり前ですが、まずは暗証番号の見直しです。暗証番号が安直だったり、他人に漏らしたりすると銀行の補償額が25%カットされてしまいます。

また、預金残高をマメにチェックする必要があります。補償を受けるためには、銀行に30日以内に届け出る必要があります。クレジットカードと違って、会社側から「不正の疑いがある」などという連絡はまずもらえません。

現在、預金金利はほぼゼロです。それに加えてこんな被害にあっては目も当てられません。新興国通貨も引き続き心配ですが、身近なリスクヘッジも心がけたいものです。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那

(出所:8/20配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 今朝の注目ニュース! ★IC、日農薬、シライ電子などに注目! (08/22)
  2. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月22日記)
  3. 前場に注目すべき3つのポイント~ハイテクや自動車株への買い戻しを意識も (08/22)
  4. 強弱材料:8/22
  5. 夏枯れ相場に微かな反転の兆し? 最高益割安株でその日を待つ <株探トップ特集> (08/21)
  6. 雨宮京子氏【夏枯れの中も頑強な日本株、ここからの狙い筋は】(1) <相場観特集> (08/20)
  7. 21日の米国市場ダイジェスト:NYダウは63ドル高、米中交渉に楽観的な見方が広がる (08/22)
  8. ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比90円高の22310円 (08/22)
  9. 本日の決算発表予定 … INV、ホテルリート (8月22日)
  10. 「サイバーセキュリティ」関連のテーマ性再燃へ、国家安全保障の観点で注目<注.. (08/21)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月24日発表分) 注目
  2. 2
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第2弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
  5. 5
    10万円以下で買える、売上・経常最高&低PER「お宝候補」15社【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.