ログイン
2018年9月19日 16時25分
特集

ビューティ花壇 Research Memo(5):単価下落や物流体系改革の影響等による業績踊り場から足元では回復の兆し

■ビューティ花壇<3041>の業績動向

1. 過去の業績推移

過去(2012年6月期-2018年6月期)の業績を振り返ると、2014年6月期までは、主力の「生花祭壇事業」が伸び悩みを見せるなかで、「生花卸売事業」や「ブライダル装花事業」の伸長、M&Aにより参入した新規事業(土木・建設事業、その他の事業)により、事業規模を拡大してきた。ただ、2016年6月期以降は、「土木・建設事業」からの撤退の影響や単価下落の進展のほか、将来に向けた抜本的な物流改革等により売上高は低調に推移している。

一方、営業利益率は、「生花祭壇事業」における単価下落や円安による仕入原価の高騰などを受けて低下傾向をたどってきた。特に、2014年6月期は単価下落が想定以上に急速なペースで進んだことから営業利益率は大きく低下。また、2017年6月期は「生花卸売事業」の落ち込みが利益水準全体を押し下げた。ただ、2018年6月期は「生花祭壇事業」の大幅な損益改善等により回復に向かっている。

資本効率を示す自己資本利益率(ROE)についても、利益率の変動に伴って不安定な動きをしてきた。2015年6月期及び2017年6月期は特別損失の計上等により最終損失に陥ったことからマイナスとなったが、2018年6月期は2ケタの水準に回復している。一方、財務基盤の安定性を示す自己資本比率も有利子負債残高の増加とともに2015年6月期までは低下傾向をたどってきたが、足元では回復傾向にある。当座比率についても2015年6月期末において3期ぶりに100%以上となり、2018年6月期末も137.1%と高い水準を確保しており、財務の安全性に懸念はない。ただ、同社が「業界のコストリーダー」として事業拡大を実現するためには、収益力の強化とともに財務基盤の増強が課題となるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 勢いづく「IT投資関連株」、改元・消費増税“特需”追い風の向かう先 <株探ト.. (09/18)
  2. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」26社 【2部・新興】編 .. (09/16)
  3. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (09/17)
  4. 「電気自動車関連」に人気化機運再び、中国をはじめEVシフト加速へ<注目.. (09/18)
  5. 植木靖男氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(1) <相場観特集> (09/18)
  6. 高橋春樹氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(3) <相場観特集> (09/18)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 全般相場に連れ安の“お宝銘柄”を仕込む! (09/16)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 最善を尽くし、時節の到来を待とうじゃないか (09/16)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月14日現在)
  10. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔総集編〕第4弾 23社選出 <成長株特集> (09/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★串カツ田中、ブライトパス、ハウテレなどに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月19日発表分) 注目
  3. 3
    輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト” <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月20日記) 市況
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.