ログイン
2018年9月20日 11時49分
経済

実力ベースで日経平均の上値余地あり、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

9/20付の「DailyOutlook」では、日経平均の上値余地について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『日経平均は終値ベースで9月14日に23,000円を突破し、その後も上げ幅を拡大している。一段高となった背景に、需給面での軽さが意識された可能性があろう。1985年以降の東証1部の売買代金を日経平均の価格帯別でみると、23,000円を超えると急速に減少する。これは戻り待ちの売り圧力が減ることを意味し、これまで跳ね返されてきた23,000円突破で投資家の買い意欲が増したと考えられる』と伝えています。

続けて、足元の日経平均の水準は、TOPIXの予想EPSから試算したレンジでみると予想PERで14倍を下回る水準にあることを挙げ、『世界景気の拡大は続き、TOPIXの予想EPSは過去最高水準にあるものの、米中貿易摩擦への懸念などが先行きの不透明感として意識されPERは相対的に低い水準に留まってきたといえよう。そうした中で、TOPIXの予想EPSの増加基調は続くと考えられ、PERが一定でも業績拡大に見合った株価上昇が期待される。PERが14倍として日経平均を試算すると、9月末:24,962円、12月末:25,486円となる』と分析しています。

さらに、『一方、企業は収益体質を強固にし、外国人投資家が重視する指標の一つであるROEを高めている。株式市場の雰囲気は変わりつつあり、日本株市場への期待(=PERの上昇)が膨らむ可能性もある』とまとめています。

最後にレポートでは、『予想PERから試算した日経平均見通し』を紹介しています。詳しくは9/20付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 植木靖男氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(1) <相場観特集> (09/18)
  2. 鈴木英之氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(2) <相場観特集> (09/18)
  3. 高橋春樹氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(3) <相場観特集> (09/18)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 最善を尽くし、時節の到来を待とうじゃないか (09/16)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 全般相場に連れ安の“お宝銘柄”を仕込む! (09/16)
  6. その変化は本物か――フシ目“2万3000円”突破と「秋高シナリオ」 <株探トップ.. (09/14)
  7. 再臨「全固体電池」関連、EV超進化ステージで“躍る5銘柄”+1 <株探トップ特集> (09/19)
  8. 勢いづく「IT投資関連株」、改元・消費増税“特需”追い風の向かう先 <株探ト.. (09/18)
  9. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (09/17)
  10. 「電気自動車関連」に人気化機運再び、中国をはじめEVシフト加速へ<注目.. (09/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】コロプラ、ウインテスト、プロルート (9月17日~20日) 注目
  2. 2
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談、配当優待権利付最終日、ドラギECB総裁講演 市況
  3. 3
    気象、いまそこにある投資機会 「ウェザーテック株」フロンティアを行く <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    西松屋チェ、今期経常を23%下方修正 決算
  5. 5
    【今週読まれた記事】複合テーマで着火!“業界地殻変動”大相場に期待 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.