ログイン
2018年9月21日 15時25分
経済

中国GDP成長率低下の見通し 米中貿易戦の影響で

米中貿易摩擦が長期化するなか、専門家は、貿易戦の影響で中国国内総生産(GDP)成長率が大幅に下落すると推測する。

米CNBC(19日付)によると、米専門家は、17日に公表された第3弾対中関税措置の税率が来年1月1日以降25%に引き上げられることで、来年中国のGDP成長率が低下すると予測。下げ幅が0.5~0.6%という。

米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのエコノミストは、米中両国が互いに関税措置を行っているが、中国側がより深刻な影響を受けると警告した。中国の対米輸出額が対米輸入額の約4倍であることが主因だと指摘。

中国当局の発表では、2017年中国国内GDP成長率が6.9%だった。バンク・オブ・アメリカは、「中国当局が景気刺激策を実施したにもかかわらず、来年中国GDP成長率が6.1%まで下落する」見通しを示した。JPモルガンは、中国輸出入の鈍化で、GDP成長率が現水準から0.6%下がると予測。

いっぽう、香港市場調査会社・北威国際集団(Bellwether)が19日、台湾台北市で開催した経済フォーラムにおいて、台湾金融持ち株会社「国票金融控股」の丁予嘉・社長は、米中貿易戦で、今年中国GDP成長率が6.5%にとどまり、来年以降「伸び率が大幅に落ち込む」と推測した。

丁社長によると、米国務省とシンクタンクのランド研究所がすでに、2001年に行った調査報告で中国による貿易不均衡問題を指摘し、不均衡の是正計画を策定した。同氏は、中国側がこれまでの貿易慣行を改めるまで、トランプ政権が対中制裁を継続していくと指摘した。

貿易収支やサービス収支などの4項目で構成される経常収支が「縮小する」うえ、中国国内設備投資や内需も落ち込んでいる。さらに、地方政府や国営企業の債務問題を加え、中国は長期にわたり景気低迷が続く可能性が高いという。

丁予嘉氏は、米政府をはじめとする西側諸国が貿易戦を通じて、「全体主義と資本主義を混ぜ合わせた中国当局の統治体制」にメスを入れようとしているとの見方を示した。「中国経済を安定化させるには、当局が抜本的な改革を行い、完全な市場経済に移行するしかない」

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):スルガ銀、ブレインP、クスリアオキ (09/21)
  2. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (09/20)
  3. まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30 「2部・新興他」編 <割安株特集> (09/20)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):ソラスト、邦チタ、コマツ (09/21)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):王子HD、OLC、東洋エンジ (09/21)
  6. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (09月21日) [プレミアム専用]
  7. 明日の決算発表予定 ピックルス、あさひ (9月21日)
  8. 「RPA」への関心続く、働き方改革に伴う業務効率化で導入加速<注目テーマ> (09/21)
  9. 再臨「全固体電池」関連、EV超進化ステージで“躍る5銘柄”+1 <株探トップ特集> (09/19)
  10. 脚光「介護テック」、長寿大国ニッポンの切り札テーマへ <株探トップ特集> (09/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月18日発表分) 注目
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★レッグス、Jストリームなどに注目! New! 注目
  4. 4
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 レッグス (18日大引け後 発表分) New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.