ログイン
2018年9月30日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 年内に2万5000円台を奪回する基本シナリオ!

「年内に2万5000円台を奪回する基本シナリオ!」

●日経平均のPERは13~16倍のゾーン!

日本の株式市場(日経平均株価)のPERは基本的に、13~16倍のゾーンで動いている。しかし、株価は常に、上下に行きすぎる。2015年6月24日の戻り高値2万0868円(終値ベース、当時の日経平均の1株利益は1257円)は、PER16.6倍に買われた。これは、PER的には割高だ。今年3月26日には、2万0347円の安値をつけた。この時点のPERは12.2倍だった。そう、売られすぎである。

現状はどうか。1株利益は1735円(26日)だ。2015年6月24日比38.0%増えている。ちなみに、この当時の為替は1ドル=124円30銭だった。12~13円の円高にもかかわらず、1株利益は4割増えている。筆者はこれこそが企業の稼ぐ力、円高対応力だと主張している。足元のPERは13.9倍だ。上昇したとはいえ、底値ゾーンにとどまっている。

ところで、世界平均のPERは14.9倍、 NY市場は16.9倍に買われている。単純に計算すると、世界平均では2万5850円、NY市場並みだと、2万9300円がらみになる。もとより、PERが上昇するには需給、人気の改善が不可欠だが、年内には2万5000円台を奪回できるのではないか。

●投機筋に売り込まれた銘柄が反発に転じる!

足元の猛反発は、先物(売り方の買い戻し)主導である。売りポジションの“踏み”もあったと思う。しかし、外部環境の好転は否定しようがない。特に、「安倍3選」はヘッジファンドにとって、想定外だったのではないか。なにしろ、彼らは「アベノミクスは終わった」と叫び、売りまくっていたのだ。マスコミの反安倍キャンペーンに眩惑された面があろう。

まあ、マスメディアは真実を報じない。アメリカを代表するとされる2大紙などでもそうだ。極端な反トランプである。ときに、めちゃくちゃな報道をする。これに惑わされてはいけない。真実を見極める確かな視点(目)が必要である。

一方、物色面ではどうか。投機筋(ロボット)に売りたたかれた銘柄の値戻しが期待できる。具体的にはエクスモーション <4394> [東証M]、ジェイテックコーポレーション <3446> [東証M]、メルカリ <4385> [東証M]などだ。さらに、テーマ性を有する“新”成長株のヴィスコ・テクノロジーズ <6698> [JQ]、MTG <7806> [東証M]、エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート <3850> [東証2]、ラクト・ジャパン <3139> 、エーアイ <4388> [東証M]、エラン <6099> は反発に転じるだろう。

2018年9月26日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 緊急検証・日経平均“2万6000円到達”の確度――アベノミクス相場“頂点奪回”.. (09/28)
  2. “新4K・8K衛星放送”開始まであと2ヵ月、新時代幕開けで関連株は <株探トップ.. (09/29)
  3. 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 15社選出 <成長株特集> (09/30)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月28日現在)
  5. 個人投資家・有限亭玉介:個人投資家好みのバイオ株&直近IPO株【FISCOソー.. (09/29)
  6. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ DIT (09/30)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “鬼門”乗り越え浮揚する10月、続伸相場に.. (09/30)
  8. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「下値抵抗線を注視の10月相場」 (09/29)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 田淵電、トーヨアサノ、オプトエレ (9月25日~28日)
  10. 【今週読まれた記事】ザラ場高値2万4286円“歴史的記録ゾーン”突入へ (09/29)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  5. 5
    明日の株式相場見通し=米中貿易摩擦深刻化を警戒し、日経平均は下値模索の推移 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.