ログイン
2018年10月9日 18時46分
材料

システムインテグレータ---2Qは営業利益が82.8%増、全セグメントで増収増益

システムインテグレータ<3826>は5日、2019年2月期第2四半期(18年3月~8月)決算を発表した。売上高が前年同期比43.1%増の20.88億円、営業利益が同82.8%増の2.75億円、経常利益が同82.2%増の2.77億円、四半期純利益が同266.5%増の3.87億円となった。

Object Browser事業は、データベース開発支援ツール「SI Object Browser」とデータベース設計支援ツール「SI Object Browser ER」で、ソフトウェア開発の生産性を向上させるツールとして業界で多く利用されており、安定した収益源となっている。統合型プロジェクト管理ツール「SI Object Browser PM」は、発売以来着実に市場浸透が進み、市場からも高い評価を得て導入企業実績は160社を超えた。アプリケーション設計ツール「SI Object Browser Designer」は、IT業界の人手不足が深刻になる中、生産性を高めるツールとして注目され、徐々に販売を拡大している。これらの製品の保守サポートは、ストック型ビジネスとして安定した事業収益をあげている。

EC・オムニチャネル事業は、競争が激化して採算性悪化に陥る同業他社が多い中、20年以上もECサイト構築事業を行ってきているノウハウを生かして、大規模なECサイトを着実に稼働して売上を増やす技術力が評価されている。

ERP事業は、主力商品のWeb-ERPパッケージ「GRANDIT」がコンソーシアム方式なので、同一製品を複数のコンソーシアム企業が販売している。これまでに「個別生産管理アドオンモジュール」、「繰返生産管理アドオンモジュール」及び「継続取引管理アドオンモジュール」を自社で開発し、製造業向けの販売・受注が拡大している。さらに、自社開発パッケージ「SI Object Browser PM」との組合せにより、IT関連企業向けの「IT テンプレート」として製品化し、IT企業への導入事例も増えている。こうした取り組みの結果、コンソーシアム13社のうち販売実績No.1の企業に与えられる「GRANDIT AWARD Prime Partner of the Year」を、2016年及び2017年と2年連続で受賞している。

2019年2月期通期については、売上高が前期比6.2%増の40.00億円、営業利益が同1.0%増の5.00億円、経常利益が同1.3%増の5.03億円、当期純利益が同48.9%増の5.15億円とする7月13日に公表した業績予想を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-1 (10/09)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 過度の弱気は禁物、押し目狙いを徹底! (10/07)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月5日現在)
  4. 新章突入「AI革命」、RPA関連“大化け候補”5銘柄+1 <株探トップ特集> (10/06)
  5. 上方修正“先回り”、18年12月期【業績上振れ】候補 35社選出 <成長株特集> (10/08)
  6. 急落後のリバウンド狙う、ボリンジャー【-3σ】ブレイク銘柄 高ROE 13社選出.. (10/09)
  7. 5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」36社【2部・新興】編 <割安株.. (10/07)
  8. 【植木靖男の相場展望】 ─ 上値余地あれば一両日中に反発も (10/07)
  9. 武者陵司 「日米メガ景気、株ブームの現実を直視せよ」(前編) (10/05)
  10. 円安進行で期待膨らむ、輸出関連【業績上振れ】候補 33社選出 <成長株特集> (10/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月24日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★コスモバイオ、フリービット、小松ウオールなどに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月23日発表分) 注目
  4. 4
    ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.