ログイン
2018年10月16日 18時25分
材料

ワコム---2019年3月期上期の業績予想を上方修正


ワコム<6727>は12日、2019年3月期上期業績予想を上方修正、通期は利益予想を据え置きで発表。

2019年3月期上期 (2018年4月1日から同年9月30日)の連結業績予想は、売上高が前回発表予想比11.8%増の462億円、営業利益は同3.25倍の27億円、経常利益は同4.32倍の29億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同87.9%増の19億円、1株当たり四半期純利益は11.70円。

テクノロジーソリューション事業がスマートフォン向けならびにタブレット・ノートPC向けペン・センサーシステムに対するメーカー各社からの需要の早期化により売上高、セグメント利益ともに前回予想を上回る見通しであることや、売上高には期初想定に対して為替相場がドル高で推移したことによる増加要因も反映している。

なお、2019年3月期通期連結業績予想は、売上高が同4.7%増の890億円、他利益は前回予想を据え置いている。売上高には、期初想定に対して為替相場がドル高で推移したことによる増加要因も反映している。
テクノロジーソリューション事業が各ペン・センサーシステムに対する需要拡大などから、売上高、セグメント利益ともに前回予想を上回る見通し。
一方、ブランド製品事業においては、競争環境の変化によりペンタブレット製品の中低価格帯モデルの市場浸透が進まず、売上高、セグメント利益ともに前回予想を下回る見通し。上半期にはペンタブレット製品の販売が期初想定を下回ったこと、下半期にはディスプレイ製品に関する新製品供給問題について商戦期に向けておおよその解決のめどがつき、クリエイティブビジネスにおいて販売回復に向けた施策を追加的に実施するものの、製品構成変化による収益性を十分に回復させることが困難である見通しを反映している。また、米国による対中関税発動の影響に伴う利益減少リスクも盛り込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 桂畑誠治氏【“一蓮托生”日米株式市場、次の展開はこうなる】(1) <相場観特集> (10/15)
  2. 「人工知能」関連がランキングトップ、AI投資に安倍政権も本腰<注目テーマ> (10/16)
  3. 急落後の“押し目買い”候補、「好業績&高進捗」リスト 〔第2弾〕 <成長株.. (10/14)
  4. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-2 (10/15)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “突風的”急落の後に来るもの (10/14)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月12日現在)
  8. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」25社【2部・新興】編 <割安.. (10/14)
  9. ポケモン・モンハン・DDR…“ハリウッド実写化”続々ゲーム株はどう化ける?.. (10/15)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 先人は「嵐のときは動くな!」と教えているが… (10/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月23日記) 市況
  2. 2
    日電産、今期税引き前は22%増で2期ぶり最高益、5円増配へ New! 決算
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:かんぽ生命、国際石開帝石、三井物 注目
  4. 4
    東京為替:ドル・円は111円70銭台、投資家の多くは様子見姿勢に 通貨
  5. 5
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.