ログイン
2018年10月20日 14時46分
通貨

ユーロ週間見通し:もみ合いか、イタリアの財政赤字に対する警戒感も


■弱含み、イタリア財政問題などを意識したユーロ売り

先週のユーロ・ドルは弱含み。トリア財務相続投による安心感からイタリア国債利回りは低下し、ユーロ買いになったが、欧州委員会は予算案に難色を示し、ユーロ売りが優勢となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨で利上げ継続支持が確認されたこともユーロ売り・ドル買い材料になった。取引レンジ:1.1433ドル-1.1621ドル。

■弱含みか、イタリア財政赤字に対する警戒感残る

今週のユーロ・ドルは弱含みか。イタリアの財政政策をめぐる同国と欧州連合(EU)の対立は解消しつつあるが、イタリアの財政赤字問題は引き続きユーロ売り材料となりそうだ。25日に開かれる欧州中央銀行(ECB)理事会では、来年夏以降の利上げという従来方針を堅持するとみられ、利上げ継続姿勢を堅持する米連邦準備制度理事会(FRB)との違いからユーロ売り・ドル買いに振れやすい。

予想レンジ:1.1400ドル-1.1600ドル

■弱含み、イタリア財政赤字に対する市場の警戒感高まる

先週のユーロ・円は下げ渋り。欧州委員会がイタリアの予算を却下する可能性が強まり、ユーロ売りが優勢となった。しかしながら、・イタリア政府は、2019会計年度の財政赤字目標を対国内総生産(GDP)比2.1%に引き下げる可能性があると報じられたことや、イタリアのディマイオ副首相は「イタリア政府は債務を返済し、ユーロや欧州連合に留まることを公約する」と述べたことから、対円レートの下げ幅は縮小した。取引レンジ:128円32銭-130円29銭。

■もみ合いか、イタリアの財政赤字に対する警戒感も

今週のユーロ・円はもみ合いか。イタリアの財政赤字縮小に対する懐疑的な見方は残されており、リスク選好的なユーロ買いは抑制される見込み。欧州中央銀行(ECB)は25日の理事会で金融政策の現状維持を決定する見込みだが、利上げ時期を来年夏以降とする方針は維持される見通しであることから、米国との金利差拡大の思惑は後退せず、ユーロはやや伸び悩む可能性がある。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・24日:10月マークイット製造業PMI(予想:53.0)
・25日:欧州中央銀行(ECB)理事会(金融政策は現状維持の予想)

予想レンジ:128円00銭-131円00銭

《FA》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「同時株安リスク、米国株の半値戻しポイントに注目」 (10/20)
  3. 来週の株式相場見通し=底入れに向け下値模索、ガイダンスリスク回避の姿勢も (10/19)
  4. 来週の決算発表予定 花王、日電産、キヤノンなど (10月22日~26日)
  5. 来週の【重要イベント】景気動向指数改定値、米GDP、日中首脳会談 (10月22日~28日)
  6. 今週の【早わかり株式市況】3週続落、米株の乱高下と中国の景気減速懸念で底値.. (10/20)
  7. 【今週読まれた記事】底値探る相場も“押し目買いのチャンス”到来?! (10/20)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 IPS、SKジャパン、ネオス (10月15日~19日)
  9. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕 19社選出 <成長株特集> (10/18)
  10. 世紀の「大警備時代」がやってくる、ビッグイベント続き市場成長後押し <株探.. (10/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月23日記) 市況
  2. 2
    日電産、今期税引き前は22%増で2期ぶり最高益、5円増配へ New! 決算
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:かんぽ生命、国際石開帝石、三井物 注目
  4. 4
    東京為替:ドル・円は111円70銭台、投資家の多くは様子見姿勢に 通貨
  5. 5
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.