ログイン
2018年11月2日 9時23分
材料

サンリツ---2Qも増収・大幅増益、業界の活況が続く工作機械の取扱いが好調に推移

サンリツ<9366>は10月31日、2019年3月期第2四半期(18年4-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比9.9%増の85.17億円、営業利益が同63.7%増の4.74億円、経常利益が同78.2%増の4.30億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同84.4%増の2.87億円となった。

梱包事業部門の売上高は前年同期比10.9%増の62.96億円、セグメント利益は同36.2%増の6.94億円となった。半導体製造装置の取扱いが増加したことに加え、業界の活況が続く工作機械の取扱いも好調に推移し、売上高及びセグメント利益ともに増加した。

運輸事業部門の売上高は前年同期比9.5%増の11.35億円、セグメント利益は同97.3%増の0.67億円となった。制御システムの取扱いが増加したことに加え、運輸事業部門の合理化が進んだことにより、売上高及びセグメント利益ともに増加した。

倉庫事業部門の売上高は前年同期比5.7%増の9.46億円、セグメント利益は同3.3%減の1.58億円となった。前期計画遅れだった新規案件が当期に入り堅調に推移したことにより売上高は増加したが、先行費用の発生によりセグメント利益は減少した。

賃貸ビル事業部門の売上高は前年同期比0.6%減の1.40億円、セグメント利益は同10.0%増の0.56億円となった。本社ビルの稼働率が高水準で推移したことにより売上高は概ね前年同期と同水準で推移、定期修繕費が前期より減少したことによりセグメント利益は増加した。

2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比0.7%減の165.00億円、営業利益が同10.2%増の9.00億円、経常利益が同13.8%増の8.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.5%増の4.80億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月31日版
  2. 国策相場再び――「キャッシュレス決済」大化け期待“関連5銘柄”<株探トップ.. (10/31)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-3 (10/22)
  4. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月1日版
  5. 大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 第3回 (10/31)
  6. 「情報銀行」時代が来る、個人情報ゴールドラッシュと関連株 <株探トップ特集> (11/01)
  7. 迫る米中間選挙、徹底検証・隠された日米株価”反騰シナリオ”<株探トップ特集> (10/30)
  8. 武者陵司 いかに市場内部要因(=非ファンダメンタルズ)が、市場を乱すのか (10/30)
  9. 馬渕治好氏【消えない暴落相場の残像、ここからの株戦略を読む】(1) <相場観.. (10/29)
  10. 今週の上方修正【大予想】 39社選出 <成長株特集> (10/28)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月21日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★アステリア、オンキヨー、ポプラなどに注目! 注目
  3. 3
    上昇気流に乗る「J-REIT」、初の敵対的買収劇にどよめく市場 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 ポプラ (21日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.