ログイン
2018年11月7日 15時19分
材料

プロパティエージェント---2Qは売上高が55.04億円、販売活動は当初の計画を上回って進捗

プロパティエージェント<3464>は6日、2019年3月期第2四半期(18年4-9月)決算を発表した。売上高が前年同期比14.0%減の55.04億円、営業利益が同88.1%減の0.45億円、経常損失が0.86億円(前年同期2.25億円の利益)、四半期純損失が0.83億円(同1.42億円の利益)だった。

不動産開発販売事業では、東京23区かつ利便性の高い立地に集中した開発を強化し、12物件の開発用地を取得し、前事業年度から開発してきた9物件が竣工した。販売は、東京の不動産という強みを活かし、国内投資家だけでなく海外の富裕層向け販売を実施するなど販路拡大に努め、さらに、設定賃料や投資利回り、物件仕様、立地など総合的な観点での当社物件の競争力を的確に営業することによる値引き幅の抑制を図るなど、利益の最大化を図った。また、業界初のCtoC情報交換プラットフォーム「ToCチャットonLINE」をはじめとするCRM戦略などにより、効率的な集客と契約決定率の向上を実現したことで、販売戸数の増加だけでなく、営業人件費や広告宣伝費の削減も図った。加えて、自社ブランド既存物件の買取再販にも注力するなど、自社リソースの最大限の活用により、利益拡大を図った。これらの結果、販売活動は計画を上回って進捗し、未竣工物件の引渡しが完了していないことが影響しているものの投資用マンションブランド「クレイシア」シリーズは79戸、居住用コンパクトマンションブランド「ヴァースクレイシア」シリーズは41戸、その他で57戸を販売した。

プロパティマネジメント事業は、自社開発物件竣工販売後の確実な賃貸管理戸数の増加及び受託組合数の増加により、当四半期末の賃貸管理戸数は2,624戸、建物管理戸数は2,721戸(64棟、61組合)となり、順調にストック収入を増加した。また、賃貸更新事務手数料等の各種手数料の確保を行い、さらなる利益拡大を図った。

2019年3月期通期については、売上高が前期比14.5%増(前回予想比8.3%減)の220.00億円、営業利益が同22.1%増(同6.3%増)の17.00億円、経常利益が同20.0%増(同8.4%増)の13.55億円、当期純利益が同18.8%増(同7.9%増)の8.70億円と通期業績予想を修正した。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. いよいよ本格運用スタート、新市場切り拓く「みちびき」関連株 <株探トップ.. (11/06)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材織り込み、潮目が変化 (11/04)
  3. 大塚竜太氏【中間選挙後を意識、荒い値動きに光明は見えるか】(1) <相場観特集> (11/05)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-1 (11/02)
  5. もう待てない人手不足、「外国人労働者」派遣“スペシャル選抜”銘柄リスト.. (11/03)
  6. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月6日版
  7. 今週の上方修正【大予想】 32社選出 <成長株特集> (11/04)
  8. “落ち着き待ち”の東京株式市場、イベント通過後に備える「増額銘柄リスト」.. (11/05)
  9. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 34社選出 <成長株特集> (11/06)
  10. 「サイバーセキュリティ」に再脚光、サイバー予算拡大で政府も本腰<注目テーマ> (11/06)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月22日発表分) 注目
  2. 2
    復活のステージに立つ「外食関連株」、サプライズ決算が急騰を呼ぶ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    アンジェスが続伸、遺伝子治療薬「コラテジェン」が年内発売へと報じられる 材料
  4. 4
    「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    武者陵司 「日本株不振、原因はタイムラグと政策、選挙後に好転へ」 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.