ログイン
2018年11月7日 15時26分
材料

ロックオン---18年9月期マーケティングプラットフォーム事業が2ケタ増

ロックオン<3690>は6日、2018年9月期連結決算を発表した。売上高が前期比5.0%増の18.04億円、営業損失が0.98億円(前期は0.92億円の利益)、経常損失が1.15億円(同1.06億円の利益)、親会社株主に帰属する当期純損失が0.88億円(同0.72億円の利益)となった。

マーケティングプラットフォーム事業の売上高は前年同期比22.0%増の15.30億円となったが、サブスクリプション型ビジネスの基盤拡大のために開発や営業部門の人員採用を積極的に進めたことや、新規顧客獲得のための広告販促活動に積極的に取り組んだことにより、営業損失は1.20億円(前年同期は1.52億円の利益)となった。2018年9月期はAI(人工知能)を活用することにより、国内の広告効果測定ツールとしては初めてデバイス・アプリ・ブラウザ間を横断してユーザー行動を可視化する「クロスデバイス機能」を発表している。当該クロスデバイス技術関連発明については特許出願済みである。加えて、他社ツールとの連携機能については31社のマーケティングツールとの連携を実現し、インターネットマーケティングのプラットフォームとしての位置を確立することで売上拡大に取り組んだ。また、ウェブ上での行動履歴にユーザー属性をつなげて分析を可能にするという「ADEBiS」のカスタマージャーニー機能について、2018年2月9日に特許を取得している。

商流プラットフォーム事業について、移管したSOLUTION事業分の減収により売上高は前年同期比41.0%減の2.74億円となったが、収益構造が改善し、営業利益は0.22億円(前年同期は0.6億円の損失)となった。2018年9月期はメジャーバージョンアップとなる「EC-CUBE4」の開発に取り組み、機能やパフォーマンス、セキュリティといった「EC-CUBE本体の品質」が大きく向上しただけではなく、ドキュメントや開発コミュニティといった「開発環境」の充実、決済機能を含む各種プラグインや動作するサーバ環境といったプラットフォーム全体の機能充実を実現した。

2019年9月期連結業績予想については、業績に影響を与える未確定な要素が多いため、合理的な業績予想の算定が困難な状況とし、合理的な算定が可能となった時点で速やかに公表する予定としている。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 大塚竜太氏【中間選挙後を意識、荒い値動きに光明は見えるか】(1) <相場観特集> (11/05)
  2. “落ち着き待ち”の東京株式市場、イベント通過後に備える「増額銘柄リスト」.. (11/05)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 34社選出 <成長株特集> (11/06)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-1 (11/02)
  5. 【マーケティング】関連の銘柄一覧
  6. 「サイバーセキュリティ」に再脚光、サイバー予算拡大で政府も本腰<注目テーマ> (11/06)
  7. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月6日版
  8. 今週の上方修正【大予想】 32社選出 <成長株特集> (11/04)
  9. もう待てない人手不足、「外国人労働者」派遣“スペシャル選抜”銘柄リスト.. (11/03)
  10. いよいよ本格運用スタート、新市場切り拓く「みちびき」関連株 <株探トップ.. (11/06)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内企業決算本格化、米4-6月期GDP、日米貿易協議動向 市況
  5. 5
    10万円以下で買える、売上・経常最高&低PBR「お宝候補」18社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.