ログイン
2018年11月8日 12時40分
材料

ヨコオ---2Qは売上高及び親会社株主に帰属する四半期純利益が過去最高を更新

ヨコオ<6800>は7日、2018年3月期第2四半期(18年4-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比7.6%増の266.45億円、営業利益が同0.6%増の13.24億円、経常利益が同24.9%増の17.42億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同20.2%増の12.87億円となった。売上高及び親会社株主に帰属する四半期純利益は、第2四半期連結決算の過去最高を更新した。

車載通信機器は、主力製品であるシャークフィンアンテナ/GPSアンテナをはじめとする自動車メーカー向けアンテナは、国内・海外ともに販売が伸長し、前年同期を上回った。また、フィルムアンテナなど国内向けを主とする製品は、新車販売台数が伸び悩んだことにより前年同期を下回った。

回路検査用コネクタは、主力製品であるBGAソケット等半導体後工程検査用治具の販売は、市場成長の減速を背景とした主要顧客の生産調整などにより、前年同期を下回った。また、高周波電子部品検査用MEMSプローブカードを戦略製品とする半導体前工程検査用治具の販売は、自社製品の品質及び耐久性の大幅な向上による交換需要減などにより、前年同期を下回った。一方、当セグメントに含めているLTCC事業は、インターポーザ基板/LED基板などの販売が大幅に伸長し、前年同期を上回った。

無線通信機器は、微細スプリングコネクタを中核製品とするファインコネクタ事業は、携帯端末メーカー向けの販売が受注減により落ち込んだものの、POS端末/ヘルスケア市場向け販売の堅調な推移により、売上高は前年同期を上回った。当セグメントに含めているメディカル・デバイス事業も、国内顧客向けユニット製品販売の堅調な推移に加え、部品販売が増加したことにより、売上高は前年同期を大幅に上回った。

2019年3月期通期の業績予想については、売上高が前期比5.0%増の545.00億円、営業利益が同4.3%減の30.00億円、経常利益が同9.9%増の32.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同0.5%増の23.50億円とする8月9日に公表した業績予想を据え置いている。

《MH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-1 (11/02)
  2. 武者陵司 「市岡vs.武者 どこにリスクはあるのか、その深刻度はどれほどか」(.. (11/08)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材織り込み、潮目が変化 (11/04)
  4. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月7日版
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 34社選出 <成長株特集> (11/06)
  6. 今週の上方修正【大予想】 32社選出 <成長株特集> (11/04)
  7. いよいよ本格運用スタート、新市場切り拓く「みちびき」関連株 <株探トップ.. (11/06)
  8. もう待てない人手不足、「外国人労働者」派遣“スペシャル選抜”銘柄リスト.. (11/03)
  9. 「サイバーセキュリティ」に再脚光、サイバー予算拡大で政府も本腰<注目.. (11/06)
  10. 米議会“ねじれ”突入の影響は――総点検「年末相場シナリオ」 <株探トップ.. (11/07)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月24日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★コスモバイオ、フリービット、小松ウオールなどに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月23日発表分) 注目
  4. 4
    ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.