ログイン
2018年11月12日 11時45分
経済

新興国市場に底打ちの兆し、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

11/12付の「DailyOutlook」では、新興国市場について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『BRICsやアジアなど新興国の株式・為替市場に底打ちの兆しが出ている。MSCI新興国株式指数は10月29日に年初来安値をつけたが、10月は米国や日本株市場も急落したため、MSCIワールド指数との相対では新興国株は10月前半からアウトパフォームが始まっている』と伝えています。

続けて、一般的に米国金利が上昇すると世界のマネーは新興国の株式や債券、通貨から逃避する傾向があることを挙げ、『今回も米10年国債利回りの3%台乗せが意識された春先からの新興国市場の動きはまさにその通りとなっていた。しかし、「米利上げペースの鈍化観測」や「新興国は売られ過ぎ」といった見方から、新興国市場は落ち着きを取り戻しつつある』と分析しています。

さらに、『ただし、株価底打ちの背景には各国によって異なる部分もある。中国では10月19日以降、景気対策や株価対策が相次いで発表されている。東南アジアは中国景気対策への安心感が株価の支援材料となっている。原油を輸入に頼るインドでは、足元の原油価格の下落により、インフレ懸念が沈静化しつつある。ブラジルでは、新大統領による経済対策期待から主要株価指数は11月に入って年初来高値を更新している。新興国関連の日本株としては、機械、二輪車、食品、トイレタリー、インフラ投資などが考えられる。特にインフラ関連株は、米中間選挙の結果を受け、インフラ投資期待が高まっていることも支援材料となろう』とまとめています。

最後にレポートでは、『今週の主なスケジュール』を紹介しています。詳しくは11/12付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 爆速上昇リベンジ相場! 変身前夜の「小型材料株」10番勝負 <株探トップ特集> (11/10)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ トランプ“一強”に変化、市場に吹く追い風 (11/11)
  3. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 14 銘柄  S安= 9 銘柄 (11月12日)
  4. 話題株ピックアップ【昼刊】:JBR、ブレインP、熊谷組 (11/12)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-2 (11/09)
  6. 前場のランキング【値上がり率】 (11月12日)
  7. 前場のランキング【値下がり率】 (11月12日)
  8. 東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は7日ぶり反落、アジャイルが一時S安 (11/12)
  9. ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続落、メイコーがS安 (11/12)
  10. 日経平均12日前引け=反発、33円高の2万2284円 (11/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★オイシックス、ネクステージ、アジャイルなどに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月27日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月26日発表分) 注目
  4. 4
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】新日本製薬、あさくま 注目
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 ネクステージ (26日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.