ログイン
2018年11月15日 16時15分
材料

ピクセラ---18年9月期は増収、次期も売上高が大幅に増加の見通し

ピクセラ<6731>は14日、2018年9月期連結決算を発表した。売上高が前期比5.3%増の25.51億円、営業損失が10.05億円(前期は0.19億円の利益)、経常損失が10.30億円(同4.53億円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が10.48億円(同4.81億円の損失)となった。

AV関連事業の売上高は前期比34.8%減の15.65億円、セグメント損失(営業損失)は2.03億円(前期は5.18億円の利益)となった。回線事業者向けワイヤレステレビチューナーは、次機種への移行により受注、売上ともに減収減益という結果になった。パソコン向けテレビキャプチャーは、競合メーカーの事業撤退などにより当社のシェアは拡大しているが、パソコン市場が依然としてタブレットやスマートフォン市場の影響を受け縮小していること、同社OEM先の所要量の減少と4K対応製品への移行に伴い減収減益となった。リテール製品は、新ブランド「Xit(サイト)」への移行に伴い、新ブランドの製品は好調な売れ行きを示したが、ブランド移行に伴う既存製品の在庫処理及び新製品の発売時期の遅延が発生し、減収減益となった。ビデオカメラ向けの画像編集アプリケーションは、ビデオカメラ市場の縮小によりロイヤリティ及び開発案件ともに減少した。一方、新規事業の柱のひとつであるIoT関連事業では、SIMフリー対応のLTE対応USBドングルの販売が伸張したほか、法人向けサービスへの導入も増加し、収益改善に貢献した。また、「Conteホームサービス」は、住宅関連メーカーや民泊事業者などからの受託開発案件が増加した。さらに、通信事業としてMVNO(仮想移動体通信)事業とFTTH(光回線)事業を開始した。

家電事業の売上高は9.85億円、セグメント損失(営業損失)は0.02億円となった。量販店向けやEC通販事業者向けの低価格でデザイン性のある白物家電の売上が好調でEC通販事業者向けプライベートブランドの製品の販売を含めると、売上高の約64%を占める。テレビやポータブルDVDプレーヤーといった黒物家電は、以前より販売している定番品やEC事業者向けプライベートブランドの製品を中心に堅調に推移し、売上高の約36%を占めている。また、生活家電製品や季節家電製品の販売は売上高の約6%にとどまるが、今後、市場規模が拡大していくと推測される生活家電分野に対し市場のニーズを捉えた新製品を投入し、それと同時に新たな販路の開拓を行うことでさらなる売上の底上げを目指すとしている。

2019年9月通期業績については、売上高が前期比227.8%増の83.64億円、営業利益が3.05億円、経常利益が2.76億円、親会社株主に帰属する当期純利益が1.83億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 30社選出 <成長株特集> (11/11)
  2. 全体相場の“浮上示唆”、空売り減に見える「売り枯れ」の予兆 <東条麻衣子.. (11/14)
  3. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月14日版
  4. 反転待ち東京市場で注目したい「トリプルメリット」株リスト <株探トップ特集> (11/14)
  5. 新高値迫る“J-REIT”、環境良好で「海外投資家買い」継続 <株探トップ特集> (11/13)
  6. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-2 (11/09)
  8. 11月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/13)
  9. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月14日版
  10. 爆速上昇リベンジ相場! 変身前夜の「小型材料株」10番勝負 <株探トップ特集> (11/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★串カツ田中、ブライトパス、ハウテレなどに注目! 注目
  2. 2
    輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト” <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月20日記) 市況
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月19日発表分) 注目
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 ハウテレ、串カツ田中 (19日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.