ログイン
2018年11月16日 11時52分
経済

中間決算を踏まえた銘柄選別、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

11/16付の「DailyOutlook」では、中間決算について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『3月期決算企業の中間決算発表が概ね一巡した。通期会社営業利益計画は前年比+2.4%、通期計画に対する進捗率は49.1%となっている。通期会社営業利益計画を修正した406社のうち、半数以上となる225社が下方修正を発表する結果となった(TOPIX採用銘柄を対象に集計、会社計画の修正は9/28時点と11/15時点を比較)』と伝えています。

続けて、過去の経験則を踏まえれば、中間決算後の個別銘柄選別では、ポジティブ銘柄が功を奏しているとみられることを挙げ、『TOPIX採用3月期決算企業の通期営業利益について、(1) 11月中旬時点の市場予想が9月末時点を上回る、(2) 11月中旬時点の会社予想が9月末時点の市場予想を上回る(市場予想はいずれもQUICKコンセンサス予想)、(3) 11月中旬時点の会社予想が9月末時点より上方修正、との条件を満たすポジティブ銘柄群の株価パフォーマンスは年末にかけてTOPIXをアウトパフォームする傾向がある。今回の中間決算で上記の条件を満たす銘柄は、塩野義(4507)、ダイフク(6383)、ソニー(6758)、伊藤忠(8001)、スズケン(9987)などが挙げられる』と分析しています。

さらに、『経験則で言えば、業績ポジティブ銘柄を中間決算の発表を終えた11月中旬に買ったとしても遅くないと言えるだろう』とまとめています。

最後にレポートでは、『過去のTOPIXとポジティブ銘柄群の株価推移』を紹介しています。詳しくは11/16付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「RIZAP関連」が18位にランク、拡大路線転換で今後のビジネスモデルに関心.. (11/15)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月14日版
  3. 11月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/13)
  4. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月14日版
  5. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  6. 臨時国会“もう一つの焦点”、水道法改正案と「関連株」の行方 <株探トップ特.. (11/15)
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 26社選出 <成長株特集> (11/15)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-2 (11/09)
  9. 反転待ち東京市場で注目したい「トリプルメリット」株リスト <株探トップ特集> (11/14)
  10. 新高値迫る“J-REIT”、環境良好で「海外投資家買い」継続 <株探トップ特集> (11/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分) 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月17日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):フリービット、森永乳、エニグモ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.