ログイン
2018年11月19日 10時42分
通貨

外為サマリー:1ドル112円70銭前後で推移、米長期金利低下で上値は重い展開

19日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=112円72銭前後と前週末午後5時時点に比べ50銭強のドル安・円高で推移している。

前週末のニューヨーク市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)クラリダ副議長が世界景気の減速リスクに懸念を表明したことから、米利上げの打ち止め時期が早まるのではないかとの受け止めが広がり、ドル売り・円買いが進行した。こうしたなか、ドルは一時112円64銭まで下落した。

この日の東京市場に移ってからは112円80銭前後の一進一退。米中貿易摩擦の改善期待から日経平均株価が上昇しているが、月末の米中首脳会談が意識されるなか積極的な売買は手控えられている。米国の10年債金利は時間外取引で3.05%近辺に低下しており、ドルの上値は重くなっている。

ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1410ドル前後と同0.0060ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=128円61銭前後と同10銭前後のユーロ高・円安で推移している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分) 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月17日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):フリービット、森永乳、エニグモ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.