ログイン
2018年11月21日 9時47分
経済

コラム【アナリスト夜話】:売買と薬指・顔幅の関係(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)

18日は、マネーフォワード社主催の「お金のEXPO」というイベントで、資産形成のお話をさせていただきました。有料イベントにもかかわらず、来場総数は若手・中堅の方々を中心に3,000人規模 -- 会場の熱気で、改めて皆さんのマネーへの関心の高さを体感することができました。

その際、ご来場の皆さんに資産形成に関するアンケートにご協力いただきました。実はこの秋、この歳で無謀と批判されつつも、某大学の博士課程に入学しました。今回のアンケートは、投資スタイルについての研究の参考にさせていただければという趣旨でした。ご協力の皆様には改めて御礼申し上げます。

各国の研究を調べてみると、投資リスクの取り方に関するものだけでも、本当に様々なものがあります。その中で、最近興味深かったのは、薬指と人差し指の長さの比(2D:4D比率)や顔の縦横比(fWHR)を、リスク選好度と比べたものです。

これらの比率には、生まれる前に浴びた男性ホルモンの量が関係しています。2D:4D比率は薬指の長さ÷人差し指の長さで計算され、比率が低いほど“男性的”とされます。ちなみに男性の平均値は 0.97程度と薬指がやや長いのに対し、女性は 1.0程度です。fWHRも同じく横幅が縦の長さより長い方が“男性的”です。

この研究では、特に時間のプレッシャーがかかると、2D:4D比率が低く顔の横幅が広い、つまり“男性的”な人がリスクを取る傾向にある、とされています。確かに、外資系金融機関にいた時も、アナリストや営業には結構女性がいましたが、コンマ1秒を競うトレーダーには圧倒的に男性が多かった記憶があります。あの頃に、男性トレーダーたちの指の長さを測ってみたかった…と後悔しています。

売買のタイミングが良くないとお悩みの方は、指や顔の比率を計測してみてはいかがでしょうか。ひょっとしたらその売買の決断は、相場観ではなく生前に浴びたホルモン量に動かされているのかもしれません。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那

(出所:11/19配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 到来「仕掛け」絶好機、決算通過で急騰秒読み“小型株最強選抜”10銘柄 <株探.. (11/17)
  2. 大復活に乗れ、逆風切り裂き10年超ぶり“最高益&上方修正”銘柄リスト <株探.. (11/20)
  3. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  4. 武者陵司 「米中通商合意近い、テクニカル株価調整の出口近し」 (11/19)
  5. まだ間に合う、11月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/20)
  6. 個人投資家中原良太:改めてウォーレン・バフェットの凄さを知った.. (11/19)
  7. 無料会員登録サービス・無料会員向け【お気に入り銘柄】機能をリリース! (11/20)
  8. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 27社選出 <成長株特集> (11/18)
  9. 「国土強靭化」に注目の兆し、社会インフラ補修に政策後押し<注目テーマ> (11/20)
  10. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 26社選出 <成長株特集> (11/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) 注目
  2. 2
    材料難の中で輝く、2-4月期【好決算】リスト 35社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上値抵抗2万1500円突破を目指す! 市況
  4. 4
    【植木靖男の相場展望】 ─ チキンレースを勝ち抜け 市況
  5. 5
    政府が総力を挙げて後押しへ、「兼業・副業関連株」に新時代の息吹 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.