ログイン
2018年11月21日 11時36分
経済

インバウンド指数の相対株価は足元でリバウンド、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

11/21付の「DailyOutlook」では、インバウンド指数について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『本日15時30分に10月の訪日外客数が公表される。9月は、台風第21号や北海道胆振東部地震の影響で関西、北海道への訪日需要が停滞し、216万人(前年比▲5.3%)と2013年1月以来、5年8ヵ月ぶりに前年同月を下回った。今回公表されるデータは、災害後の回復力をみるうえで注目される』と伝えています。

続けて、インバウンド指数(Japan Inbound Tourism Index:小売りや鉄道など73銘柄で構成される指数)の対TOPIX相対株価は、6月中旬以降右肩下がりとなったことを挙げ、『この背景の1つに、追加関税の応酬など米中の通商問題への懸念の高まりから中国の景気減速が意識されたことがあろう。訪日外国人旅行消費額の4割近くを中国が占める(17年国土交通省観光庁)。一方、9月の災害時に相対株価は一段と下がらず。自然災害による落ち込みは一時的と捉えたのであろう』と分析しています。

さらに、『米中の通商問題を巡って、両国は依然として対立しているものの協議の再開が報じられるなど歩み寄りの姿勢もみられる。また、災害の復旧作業の進展に伴い訪日外国人の増加が期待される。中国の「独身の日」では日本製品の人気の高さを改めて確認できた点も心強い。インバウンド関連の株式市場での評価は再び高まる方向にあると考えられる』とまとめています。

最後にレポートでは、『インバウンド指数の対TOPIX相対株価』を紹介しています。詳しくは11/21付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 個人投資家中原良太:改めてウォーレン・バフェットの凄さを知った.. (11/19)
  2. 到来「仕掛け」絶好機、決算通過で急騰秒読み“小型株最強選抜”10銘柄 <株探.. (11/17)
  3. 株探【無料会員】登録・無料会員向け【お気に入り銘柄】機能をリリース! (11/20)
  4. 【インバウンド】関連の銘柄一覧
  5. 武者陵司 「米中通商合意近い、テクニカル株価調整の出口近し」 (11/19)
  6. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  7. まだ間に合う、11月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/20)
  8. 大復活に乗れ、逆風切り裂き10年超ぶり“最高益&上方修正”銘柄リスト <株探.. (11/20)
  9. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 27社選出 <成長株特集> (11/18)
  10. 「国土強靭化」に注目の兆し、社会インフラ補修に政策後押し<注目テーマ> (11/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  2. 2
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  3. 3
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合-第1回 特集
  4. 4
    政府が総力を挙げて後押しへ、「兼業・副業関連株」に新時代の息吹 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    「カー用品」が9位にランク、急発進防止装置の後付け需要に期待<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.