ログイン
2018年12月2日 9時15分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 師走相場はいつまで続くか

「師走相場はいつまで続くか」

●買い転換の主因を裏返せば…

日経平均株価は、10月29日安値2万0971円を一番底とし、11月21日には2万1243円で短期二番底を形成した。その後、11月28日には明確に買い転換したようだ。

こうした買い転換の背景には、ひとつは週末の米中首脳会談で「一時休戦も」といった見通し、ふたつにはFRB(連邦準備理事会)議長の講演から利上げ停止が近いとの観測が浮上したことが主因としてあげられる。もっとも、いずれも憶測に過ぎない。

ただ、これらは裏返すと、関税を巡る米中の報復合戦は仕掛けられた中国はもとより、仕掛けた米国も多くの返り血を浴びかねないこと。また、利上げ停止に関しても、世界経済で一強といわれる米国景気になにやらかげりがみえ始めている、といった現実があることを忘れてはならない。

それでは、いまの時点で買いなのか、それとも裏をみて売りなのか。投資家サイドからみると、気迷いにならざるを得ない。まして、10月以降の下げで少なからぬ損失を余儀なくされた投資家にとって、おいそれといまの相場に追随できないのは道理である。

2018年も押し詰まり、師走相場を迎える。好悪材料が交錯する中、師走相場をどうみるべきか。

気迷い状況にあるとき、戻り相場はいつも気迷うのだが、こういう際、頼りになるのはやはり罫線(チャート)などテクニカルだ。

●日本株は米国株よりも有利か?

週末現在、日経平均は11月8日の戻り高値2万2500円処に接近してきた。また、一目均衡表の雲の下限に到達したことに加えて、直近安値からの反発も5~6日経過したことで一両日足踏みするのは予想されたことだ。

次のフシ目は、やはり、日柄でいえば12月5~6日だろう。ついで、フシ目はメジャーSQにあたる12月中旬前後か。それ以上に上昇するとなればこれはもう儲けもの、といえよう。どこまで上昇が続くかは誰にも分からないはず。

ただ、唯一いえることは、米国NYダウ平均は10月安値の後、中間反騰をみせ、いったんは下げ幅の70%も戻したという事実だ。それに対しわが国の株価は、当時、僅か40%しか戻しておらず、不十分といえる。

まだ、日経平均は10月安値の上位に位置していて、これから米国に遅れて中間反騰に入るとみてよい。このことは、この12月相場はNYダウよりも日経平均の方が有利といえる、ということではないだろうか。

いずれにしても、12月のどこかで天井を確認する作業が待っていると思われる。つまり、プロが腕を競い合う場だ。

短期的な上昇相場となれば、銘柄も目先とならざるを得ない。「1カイ2ヤリ」といえば、大袈裟かもしれないが、次の銘柄に注目したい。

内需株から業種として動き出しているのは、業績好調の人材派遣、新薬開発の医薬品、沿線開発の鉄道といったところだ。

京成電鉄 <9009> 、アウトソーシング <2427> 、田辺三菱製薬 <4508> などに注目したい。

2018年11月30日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (12/02)
  2. “師走相場”へリストアップ、「割安・高配当・好業績」株 <株探トップ特集> (12/01)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 強烈逆風下の月足“陽転” (12/02)
  4. 5万円以下で買える、高利回り&低PER「お宝候補」17社 【2部・新興】編 <割安株.. (12/02)
  5. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月30日現在)
  6. 【今週読まれた記事】“大阪万博決定”関連テーマに物色人気 (12/01)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ コスモスイニ (12/02)
  8. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「深追いは避け、回転商いの12月」 (12/01)
  9. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米雇用統計、OPEC総会、ソフトバンクBB.. (12/01)
  10. 来週の決算発表予定 積水ハウス、伊藤園、ピジョンなど (12月3日~7日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「燻る“二段下げ”懸念」 市況
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
  4. 4
    個人投資家・有限亭玉介:セルインメイを超えて反発期待の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  5. 5
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.