ログイン
2018年12月12日 14時12分
通貨

東京為替:ドル・円は上げ渋り、国内勢のドル買い一巡で

12日午後の東京市場で、ドル・円は113円50銭付近まで値を上げた後は、伸び悩む展開となっている。日経平均株価や欧米株式先物の堅調地合いを手がかりとした国内勢によるドル買い・円売りはすでに一巡しており、材料は不足ぎみ。一方、ユーロ・ドルの失速で、ドルがやや押し上げられる可能性はあろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円31銭から113円52銭。ユーロ・円は128円25銭から128円63銭、ユーロ・ドルは1.1312ドルから1.1334ドルで推移。

《KK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.