ログイン
2018年12月12日 16時23分
経済

カナダの元外交官でNGO上級顧問、中国で拘束 報復との見方多数

国際NGOの国際危機グループ(ICG)によると11日夜までに、同組織の北東アジア上級顧問マイケル・コブリ氏が中国で拘束された。同氏はICGの仕事のために中国にいたという。

「私たちは、マイケルの居場所と早急な解放に向けた、可能な限りの追加情報の確保を行っている」と国際危機グループはメディア向けリリースで明らかにした。拘束された理由はわかっていない。

コブリ氏は2014年に北京カナダ大使館副領事を、2016年は香港のカナダ領事館総領事を務めた。コブリ氏は2017年からフルタイムで勤務している。

2018年10月、コブリ氏は米地方紙マイアミ・ヘラルドの寄稿文で「米中関係は、1989年の天安門事件以来最悪だ」と書いた。コブリ氏による最新のSNSアカウントの操作は9日の朝。

同氏の拘束との関連は不明だが、多くの英字メディアは、中国政府の報復行動の可能性があると報じた。

カナダ当局は1日、米国の要請を受けて、中国電子技術大手・ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟CFOを拘束した。中国はカナダに対して即時釈放を求め「さもなくば必ず重大な結果をもたらし、カナダ側が全ての責任を負う」と主張している。

在米経済専門家ゴードン・チャン氏はSNSで、中国側の態度から何らかの報復行動を示唆するとし、中国にいる米国籍やカナダ籍の人々に警戒を促している。

(編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. アナリスト推奨の裏をかいてリターンを生む方法 (12/12)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):UACJ、サインポスト、博報堂DY (12/12)
  3. 軟調地合いに負けない好チャート株勢ぞろい、「好業績&割安」で今を逃すな.. (12/11)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):電通、ヤマハ発、ファストリ (12/12)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):野村、アスクル、コマツ (12/12)
  6. 【↑】日経平均 大引け| 急反発、 米中摩擦緩和で広範囲に買い戻される (12月12日)
  7. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 9 銘柄  S安= 1 銘柄 (12月12日)
  8. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (12月12日) [プレミアム専用]
  9. 明日の決算発表予定 オハラ、ヤーマンなど24社 (12月12日)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 30社選出 <成長株特集> (12/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  2. 2
    NF日経レバは600円超の下落、日経平均下げ加速で1万8000円割れ 材料
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月18日) 注目
  4. 4
    【↓】日経平均 大引け| 続急落、米株安や円高で一時2万1000円割れ (7月18日) 市況
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):グレイス、コーセー、じげん 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.