ログイン
2018年12月13日 17時21分
経済

ロシア下院で新法案を起草、電子決済アリペイなどの利用を禁止へ

ロシア政府は、同国内で中国モバイル決済ルールのアリペイ(支付宝)やウィーチャットペイ(微信支付)の使用を禁止する新しい法律を策定している。米ラジオ・フリー・アジアが10日伝えた。

ロシア連邦議会下院では11月7日、外国電子決済サービス企業への監督強化を図る新法案の草案2部が起草された。新法案が成立すれば、ロシア国籍の住民がアリペイとウィーチャットペイの利用を禁止されることになる。また、ロシア人への送金サービスとロシア金融機関への振り込みも禁じられる。

いっぽう、ロシアに滞在する中国人観光客や留学生などに対して、アリペイとウィーチャットペイの使用を認めるという。

また、アリペイとウィーチャットペイはロシアで、非銀行信用機関として法人登録することができる。

ロシア紙イズベスチヤ(11月9日付)によると、下院金融市場委員会の議長であるアナトリー・アカサコブ氏らが新法案の草稿を提出した。

このほど、ロシア金融情報サイトでは、同国ではアリペイの利用者が急増しているが、大半は中国人だと報じられた。アリペイの利用者は世界で5.2億人いるとみられる。

ロシア議会議員は、外国電子決済サービス企業が今後、必ずロシアで法人登記し事務所を開設するうえ、ロシア中央銀行から資金の振り込み許可を取得しなければならないと指摘した。

新法案の成立により、ロシア政府は反マネーロンダリング対策の一環として、アリペイとウィーチャットペイに対して、利用者の個人情報の提供を求めることが可能になる。また、ロシア中央銀行は、金融機関とアリペイなどの間で行われる振り込み業務を監視し、「その他の重要情報」を得ることができるという。

「ロシア新聞」(12月10日付)は評論記事で、米クレジットカード大手のビザ(VISA)やアメリカンエキスプレス(AmericanExpress)などは、ロシア金融当局の監督管理を受けているのに対して、アリペイとウィーチャットペイなどは、金融当局の管轄外にあるとの懸念を示した。

同国金融業界では、急拡大する電子決済市場に対して、当局が監督を強化する必要があるとの見方を示している。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 大川智宏の「アナリスト推奨の裏をかいてリターンを生む方法」 (12/12)
  2. “追い風再び”「ドローン関連株」高速浮上へ、話題の有力IPO登場も刺激材料に.. (12/12)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):東京個別、オロ、郵船 (12/13)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):テクポイント、ファーマF、ナノキャリア (12/13)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):ミサワ、Hamee、秋川牧園 (12/13)
  6. 【↑】日経平均 大引け| 続伸、米株高・アジア株上昇でリスクオンの買い継続 (12月13日)
  7. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 7 銘柄  S安= 1 銘柄 (12月13日)
  8. ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月13日)
  9. 明日の決算発表予定 神戸物産、アスクル、サンバイオなど50社 (12月13日)
  10. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (12月13日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月22日発表分) 注目
  2. 2
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第3弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場戦略=“機械の仕業”から距離を置く銘柄に活路 市況
  4. 4
    【収益性】トレンドが一目でわかる“新コンテンツ”搭載! 告知
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):KLab、資生堂、ZOZO 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.