ログイン
2018年12月18日 17時50分
経済

来年の金融政策の行方が注目されるFOMCをしっかりチェック!住信SBIネット銀行(三井智映子)

皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター三井智映子の「住信SBIネット銀行の気になるレポート」です。

先週の日経平均は週初に400円を超える下落となり、週半ばに400円を超える上昇をみせ、週末には400円を超える下落となるなど、依然として大幅な値動きで動いていますね。米中貿易交渉の進展期待や懸念などの情報が出るたびに大きく動く印象となっています。

欧州市場では、ECBドラギ総裁が13日の定例理事会後の記者会見において、四半期ごとに発表するユーロ圏の経済見通しで経済の成長率予想を引き下げ、インフレ率予想を調整しました。景気の先行指標とされるユーロ圏の12月のPMI(購買担当者景気指数、速報値)は51.3と、10月の52.7から低下。『EU首脳会議での英メイ首相からの要請にもEU各国首脳からはEU離脱協定案の修正には応じない姿勢が改めて示された影響』も。

日銀短観では、景況感は横ばいでコンセンサスは上回ったものの、先行き悪化となったほか、中国、ユーロ圏の経済指標の低さから世界経済の世界的な景気減速懸念が株売りにつながりました。薄商いの中を短期筋の先物主導によるインデックス売買に振らされやすい状況になりやすいため、より外部環境の影響度が強まることになりそうです。

さて、今週のマーケットはどうなるのか?チェックすべきポイントについて住信SBIネット銀行の「ウィークリーレポート」を見てまいりましょう。

レポートでは、まず今週の注目ポイントについて、『確実視される利上げ以上に来年の金融政策の行方が注目されるFOMC、英EU離脱協定案を巡る動向、そしてクリスマス休暇を前にしたポジション調整や米国企業の海外事業所からの収益の米国回帰(レポトリエーション)の動きなどが今週の相場動向を左右する大きな要因となりそうです』と解説しています。

FOMCについては、『直近の調査によるとFOMCに関して今週2.25%~2.50%へ引き上げられる確率は73%程度と確実視されています。注目はドットチャート(FOMCメンバー各々の政策金利見通し)や経済・インフレ見通しについて前回9月からどのように変化しているのか、リスクセンチメントが上向きか、下向きか注目されるポイントとなります』とのことで、『FOMCでFRBが来年の利上げ回数を9月時点での年3回を少なくとも年2回に減らすとの市場の見方に沿ったものになるかFRBの判断が注目されます』と分析しています。

また、2年債と5年債など一部の期間で長短金利差の逆転し、イールドカーブか逆イールドとなったことでより注目されている債券市場について、『声明文から「さらなる漸進的な利上げ」との文言が削除されると見られており、債券市場の反応が注目されます』と示唆しています。加えて、『逆イールドの状態がFOMCを契機に解消に向かうのか、為替市場に影響を及ぼすだけに注目されます』と伝えており、『仮に米10年債利回りが3.0%台を回復するほか、逆イールドの解消が進むことになればドル/円の114円台回復もあるかもしれません』と予想しています。

欧州市場については、『先週13日のEU首脳会議初日に英メイ首相は、北アイルランドの国境問題を巡り、明確な国境線を回避する策が明確になるまで英国はEUの関税同盟に留まるとの英国が不満を表明していた点について、「一時的な措置」との確約、もしくは「政治宣言」として盛り込む修正などがなければ受け入れることは出来ないとしてEU側に理解を求めましたが、英国を除く27ヵ国は「発動された場合でも、適用は一時的である」とする声明を採択』と伝えています。

一方で『EU首脳会議の声明でEU離脱協定案の再交渉する用意はないとの点についても確認されました』と分析。『今週も引き続き、こうした英EU離脱協定案を巡る動向が相場の波乱要因となり得るだけに注意する必要がありそうです』と考察しています。

そして、為替市場については『今週はクリスマス休暇前の最終週となるだけに、ポジション調整のほか、米企業による海外事業所から米国への利益送金(レパトリ)の動きも想定されるだけにドルの下支え要因となるかもしれません』との見解を述べています。20日には日銀政策決定会合が予定されているものの、『殆ど材料視されていないだけに、黒田日銀総裁が想定外の発言を行わない限り、無風と見ていいのではないでしょうか』と示唆しています。

相場格言では「戌笑う」という2018年の相場も残りあとわずか。今のところ買いポジションを持っている方は焦れったい相場が続きますが、最後で上昇し「笑う」となれるのかしったりウォッチしてまいりましょう。

上記の詳細コメントは、住信SBIネット銀行サイト内の「ウィークリーレポート」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子

《HH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 31社選出 <成長株特集> (12/16)
  2. 個別株物色の流れ健在! 10月決算の好業績・割安株をロックオン <株探トップ.. (12/17)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):FDK、サンバイオ、大東建 (12/18)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):ファンコミ、ソフトバンク、フリークHD (12/18)
  5. 【ネット銀行】関連の銘柄一覧
  6. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):テノックス、市進HD、VIX短先物 (12/18)
  7. 【↓】日経平均 大引け| 急反落、米株安に追随しリスクオフの流れに傾く (12月18日)
  8. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 6 銘柄  S安= 12 銘柄 (12月18日)
  9. ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月18日)
  10. 明日の決算発表予定 カイカ、日ヘルスケア (12月18日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.