ログイン
2019年1月11日 11時47分
経済

決算は今一つだが今後も注視すべき消費関連、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/11付の「DailyOutlook」では、消費関連株について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『小売の9-11月期決算発表は、業績的には物足りない印象である。夏場の自然災害の影響に加えて11月は暖冬の影響で季節商品が振るわず、致し方ない面があろう』と伝えています。

続けて、消費者態度指数は、2018年1月をピークに緩やかながら低下傾向であることを挙げ、『8日発表の12月分も低下。年央の災害頻発が影を落としているとみられ、消費マインド回復に時間を要している。12-2月期も出だしは厳しそうだ。ただし2019年は消費を回復させる好材料が多く、決算内容は芳しくないものの、消費関連銘柄からは目が離せない』と分析しています。

さらに、『消費増税という大きな懸念材料があるものの、2019年は消費マインド好転が期待できる年である。10月実施の消費増税は、過剰と言われるほど手厚い増税対策で、逆風は追い風への転換を見込む。一方で、「改元」や「ラグビーW杯」などが消費を喚起しよう。訪日外客数も、「ラグビーW杯」や「即位」・「改元」に伴う各種行事などが伸びを後押しする。年始の初売りは堅調だったと見込まれるほか、年末年始の鉄道など交通需要は日並びの良さもあって前年を上回ったようだ。こうしたポジティブな動きが、消費喚起イベントの本格化で一段と強固となっていくと見込まれる』とまとめています。

最後にレポートでは、『消費者態度指数と東証小売業指数の推移』を紹介しています。詳しくは1/11付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 注目のニューフェイス目白押し、19年「IPO関連」一挙まとめて大胆予測 <株探.. (01/10)
  2. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第1弾〕36社選出 <成長株特集> (01/10)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <特別企画> (01/10)
  4. 「バイオテクノロジー関連」が脚光浴びる、需給改善で個人投資家資金が再び集結.. (01/08)
  5. 新年3大テーマ (3) 2019年は“AI&バイオ”がマーケットを席巻する! <株探.. (01/05)
  6. <話題の焦点>=製造業IoTの専門展、「スマート工場EXPO」出展企業に注目 (01/10)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月9日版
  8. 上方修正先回り、18年12月期【業績上振れ】候補 34社選出 <成長株特集> (01/06)
  9. NYダウ「1月効果」急浮上の確度 正念場の決算発表近づく<株探トップ特集> (01/09)
  10. カリスマ個人投資家、ふりーパパさんに聞く-前編 <新春特別企画> (01/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月19日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ニーズウェル、カイオム、野村などに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) 注目
  4. 4
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】Sansan 注目
  5. 5
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.