ログイン
2019年1月11日 17時09分
市況

来週の株式相場見通し=海外イベントにらみで買い手控え、米企業決算発表の内容注視

来週(15~18日)の東京株式市場は、米中貿易摩擦を巡る交渉の行方をはじめ、英国の欧州連合(EU)離脱問題、米国の重要経済指標発表など、引き続き外部要因に左右される展開が予想され、場合によっては波乱展開の可能性もあり、買い手控え姿勢となりそうだ。また、国内企業の先行き業績への不透明感も払拭されていない。来週の日経平均株価の想定レンジは、1万9900~2万700円とする。

市場関係者からは「きょうは3連休前の週末にもかかわらず、日経平均株価は前日比195円高と反発して引けた。ただ、ファーストリテイリング<9983>の大幅高で、日経平均を119円分と1銘柄で上昇幅の半分以上押し上げている。東証1部の値上がり銘柄数は1033と、値下がり銘柄数の1003(変わらずは92銘柄)とほぼ拮抗しいている。来週は、海外で重要イベントが相次ぐうえに、米企業の決算発表が金融関連を中心に本格化することから、これらを受けての海外株式市場や外国為替市場の受け止めが、東京株式市場にも影響しそうだ」との見方が出ていた。

日程面では、成人の日の祝日で日本市場は休場(14日)、12月のマネーストック(15日)、11月の機械受注、12月の企業物価指数、12月の訪日外国人客数(16日)、12月の全国消費者物価指数(18日)に注目。

海外では、中国12月の貿易収支(14日)、英議会がEU離脱協定案の採決、米12月の生産者物価指数、米1月のNY連銀製造業景況指数(15日)、米地区連銀経済報告(ベージュブック)、米12月の小売売上高(16日)、米12月の住宅着工件数(17日)、米12月の鉱工業生産指数・設備稼働率(18日)が焦点となる。ただ、米政府機関の閉鎖が長引いた場合は、発表が延期される可能性もある(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】新興市場活況、注目テーマに人気集中 (01/12)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「続く荒い値動き」 (01/12)
  3. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第1弾〕36社選出 <成長株特集> (01/10)
  4. 5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」33社 【東証1部】編 <割安株.. (01/11)
  5. 今週の【早わかり株式市況】6週ぶり急反発・2万円回復、パウエルFRB議長発言で.. (01/12)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 デュアルタップ、AmidA、DNAチップ (1月7日~11日)
  7. ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月11日)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <特別企画> (01/10)
  9. 「元号関連」が4位に上昇、安倍首相が4月1日の事前公表を明言<注目テーマ> (01/11)
  10. 注目のニューフェイス目白押し、19年「IPO関連」一挙まとめて大胆予測 <株探.. (01/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月19日発表分) 注目
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 近づく外国人買い転換の足音! 市況
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 急騰の昭和、波乱の平成、そして希望の令和に! 市況
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:サマーラリーに乗れるか!?上昇期待の中小型株[その2]【FISCOソーシャルレポーター】 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.